船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「景観広告検定」3級を受験しました。

    2015年06月27日

    景観審議会の友人から、第1回景観広告検定3級を受けてみないかと誘われました。

    看板の歴史・屋外広告物法・景観法などを教えてもらい、受験しました。

    試験方法はWEB検定で、4択の問題が50問で30問以上の正解で合格です。試験時間は、75分。主催は、全国屋外広告士会連合会。

    テキストを片手に、パソコンとにらめっこ。

    00347

    すぐに採点され、49点で、合格することが出来ました。

    00261

     

    景観法は、2004年12月17日に施行されました。

    鎌倉市や京都市などでは、コンビニやファミリーレストランなど、全国で統一されている看板が、色が違ったりします。これは、条例で看板の色を変え、地域の個性を表そうとしているものです。

    また、最近では公共サインと言う言葉をよく聞きますが、これは、公的機関が公共空間に設置した、公共性の高い標識・地図・案内誘導版のことをいいます。

    船橋市では、「船橋市公共サインガイドライン」の素案がまとまりました。 公共施設の誘導看板が新しく生まれ変わります。楽しみです。

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ