船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「成人の日」おめでとうございます!年金について訴えました。

    2022年01月10日

     

    今年の成人式は、船橋アリーナで午前と午後の2回開催されました。

    船橋日大前駅で、成人の日記念街頭を行いました。

    私からは、年金について話をしました。

    20歳の誕生月に、日本年金機構から手紙が届いていると思います。

    ①義務として、年金を収めること。

    ②収入が無く収めることが困難な時は、そのままにせずに、⑴親にお願いをして支払ってもらう。そうすると、親が年末調整や確定申告をすることで、税金が還付される。

    ⑵それが無理ならば必ず、免除や納付猶予の手続きをとること。未納にしていると、催告状→特別催告状が届き無視していると、督促状が届き、財産の差し押さえ処分を受けることがある。

    ③民間の年金と違うのは、万が一ケガや病気で障害を負ってしまったとき、障害年金がもらえる。

    ④死亡した時に、遺族に支払われる遺族年金があること。

    ⑤基礎年金(国民年金)の2分の1は、税金から支払われること。住民税や所得税を支払っていないから、税金は納めていないと思いがちですが、お茶やおにぎりを買っても、消費税という税金を支払っているので、必ず税金を支払っています。将来年金を受け取るときに、納めていた税金がもらえること。

    私は、毎年、成人の日には、これらの事を訴えています。

    特に、②の、親が支払うことで、税金が戻ってくることは、意外と知られていません。

    20歳になったのだから、自分で支払いなさいと親が言うのは、当たり前の事ですが、収入が無い時は、親が、特に収入の多い方が支払うことで、税金が還付されますので、立て替えて支払い、収入が得られるようになったら、返してもらえばよいと思います。

    民間の年金は納めた額が必ずもらえるので、安定しているように思いがちですが、年金をもらう40年以上の間に、何が起こるかわかりません。

    障害年金や遺族年金などの保険がついていること。40年間納めなくても、きちんと納めていれば、若くてももらえます。民間ではこのような保険は付与されていません。

    また、民間はいつどうなるかわかりませんが、公的年金は、破綻することがありません。年金が破綻する時は、国が破綻する時です。

    将来もらえなくなるとか、いずれ破綻するなど不安をあおる人がいますが、国が破綻するようなことが起こらないようにするのが、国会議員の役目です。

    基礎年金の2分の1に税金を投入したり、25年以上納めなければ年金をもらうことができませんでしたが、多くの方に、年金を収めたのだから、受け取るべきと、10年以上に変更されています。

    ただし、年金はあくまでも収めた額によって、もらえる額が違いますので、免除や猶予の手続きをした方は、額が少なくなりますので、親に相談するなどして支払いましょう。

    年金はとても必要なものです。必ず納付しましょう!!

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ