船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 雨水対策と雨水利用

    2021年05月14日

    議員になってから、幾度となく、雨水利用を取り上げてきました。

    今回の記事では、この4月に開校した船橋市立塚田南小学校の取り組みを取材してもらいました。

     

    屋上には、いたる所に、雨水ますが設置されています。

    校舎の下はこのような感じで、貯留施設があります。

    校庭の散水だけではなく、トイレの流す水にも使われることは船橋市では画期的な取り組みです。

    市内84校の小・中・特別支援学校のうち、40校の校庭が、雨水を貯める仕組みになっています。

    雨が上がっても、いつまでたっても校庭に水溜りができているのを見たことがあると思いますが、晴れても体育の授業や部活動ができない事があります。

    平成25年に、この現状を見た時、校庭の上に貯めるのではなく、地下に貯める事ができないか取り上げました。

    印旛沼流域(船橋市北部)内の学校から取り組んでいただき、現在では、古和釜中学校・三咲小学校・高根台中学校・特別支援学校高根台校舎・古和釜小学校の校庭の地下に貯留浸透施設ができています。

    また、建て替えをした船橋小学校と新設の塚田南小学校にも、校庭の地下に貯留浸透施設を設置し、雨水利用がされています。

    平成29年度事業で整備した古和釜小学校の例

    イメージ図
    イメージ図1600
    地下貯留施設(プラスチック製)施工写真(左側:部材組立状況、右側:組立完了)

    貯留施設1600

    (船橋市HPより)

    雨水貯留浸透施設は、大雨が降った時に、雨水が一気に河川に流れ出ないようにする役割があります。

     

    開発行為で家が建つと、雨水調整池が設けられますが、このような感じで、コンクリート造の調整池でした。

    フェンスを乗り越えて侵入する動物やフェンスが腐食した所から子供たちが侵入し落ちてしまう心配もありました。

     

    最近では、技術も進み、地下に貯留施設が設置されるようになり、心配がなくなりました。

    場所によっては、上を公園にして利用している場所もあります。

    また、道路側溝を利用し、雨水を貯めたり、地下に浸透する施設を設置し、道路冠水を減らす取り組みも行われています。

    各家庭でも、雨水浸透ますや雨どいに取り付ける雨水貯留タンクの設置、下水道が整備されると不要になる浄化槽を転用し貯留施設にする時は、補助金が出ますので、まずは、下水道河川管理課にお問い合わせください。(047-436-2622)

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 「金杉さくら市民の森」の倒木を処理してもらいました。

    2021年05月04日

     

    5月2日の強風で、「金杉さくら市民の森」の樹木がなぎ倒されました。

    いつも散歩されている方から、「散歩道が倒木でふさがれている」と、3日の朝、連絡をいただきました。

    連休中のため、すぐに動いてもらえるか心配でしたが、市役所へ電話をし、担当課に連絡をしてもらいました。

    夕方の散歩で「倒木が取り除かれていました。」と連絡をいただきました。

     

    連休中にもかかわらず、作業をしていただきありがとうございました。

    この市民の森は、土地所有者の方のご好意で、市が借りて解放されていますが、ご近所の方々が手入れをしてくださっています。ありがとうございます。

    ちょっとした森ですが、多くの樹木がありホットする場所です。

     

  • 高根小学校通学路(金杉9丁目)の階段の手すりがきれいになりました。

    2021年05月01日

     

    金杉9丁目から高根町の階段の手すりが、きれいになりました。

    2019年に、要望を出していた所ですが、先日、金杉9丁目に議会報「すずらんジャーナル」をポスティングしていた時に、気が付きました。

    以前はこのように、手すりが錆びついていました。

    かなり急な階段です。子どもたちだけではなく、スクールガードの方や高齢者の方達も利用しますので、きれいになり良かったです。

     

  • アルビス前原入口交差点に注意喚起の看板が設置されました。

    2021年04月23日

    アルビス前原入口交差点ですが、ここのところ、横断歩道を渡っていた歩行者の方と、右左折してきた車と接触する事故が発生しています。

    被害にあわれた方の友人から、私に何かできないか相談がありました。

    担当課に相談をしたところ、早速、注意喚起の看板を立ててくれました。

    車に対する注意喚起は「右左折時歩行者注意

     

    歩行者に対しては「歩行者も車に注意

     

    早速、看板が設置されたことを報告すると、被害者の方から、「本当に本当にありがとうございます。感謝です。もうこれで事故が起こらないことを願います。」とお礼の言葉をいただきました。

    今日は金曜日なので、週明けに、担当課へお礼の言葉を届けようと思います。まずはこの場をお借りして、「ありがとうございます。」

     

     

     

     

     

  • 薬円台交差点改良の工事着手がいよいよとなりました。

    2021年04月17日

    私が議員になって最初のころですから、10年以上前となりますが、薬円台交差点を利用する多くの方から、「信号が青になっても、直進車が多くて右折ができない。どうにかしてほしい」と要望がありました。

    市に要望するものの、「簡単に用地買収ができない事、他にも交差点改良が必要な場所があり、順次行う。」とのことでした。

    数年前には「滝不動駅入口交差点改良が終わるので、この次に、薬円台交差点改良を行います。」と言われ、楽しみにしていた場所です。

    手前の、ガソリンスタンド前の信号機は、2月に移動し、歩道も整備されました。

    令和3年第1回定例会(3月議会)の建設委員会で、わが会派の委員が、「薬円台交差点改良について、整備内容と工事の着手時期及び完了予定はいつ頃なのか」質問したところ、道路部より「渋滞解消のための右折レーン設置と歩行者の安全対策としての歩道設置を予定しており、6月までには工事請負契約を締結し、7月ごろに工事着手する予定。また、工事完了は令和3年度内を予定している。」との答弁がありました。

    大きな災害やよほどのことがない限り、年度内に完了します。

    他市から越されてきた方に必ず言われるのが、『道路が混む。道幅が狭い。何とかならないのか。』です。

    船橋市は大きな災害がなく、昔からの道路に沿って建物が建っているため、本当に狭い道路が多く、幹線道路は渋滞します。

    建て替えの時にようやくセットバックし幅が広がりますが、一斉に行われるわけではなく、まちまちです。

    また、国道296号線などは、片側1車線で歩道も狭く、大型車も多く通るため、とても狭く危険を感じますが、なかなか広がりません。

    ようやく、前原駅入口交差点改良も進んできました。(こちらは県事業です)

    このような中どうしたらよいのか、会派で研究し、まずは、交差点改良から進めるほうが良いのではないかと考え、議会での質問や毎年の予算要望で、混雑する交差点改良を要望してきました。

    これからも、進捗状況等お知らせします。

     

     

  • 三番瀬スマホdeスタンプラリー

    2021年04月12日

    三番瀬スマホdeスタンプラリー

    三番瀬海浜公園、三番瀬干潟と環境学習館で4月の土日と29日から始まる大型連休中に「あるいて!さがして!三番瀬スマホdeスタンプラリー」を開催しています。

    参加費は100円、別途有料スペース利用料が必要になります。

    参加対象は3歳以上、小学4年生以下は保護者の同伴が必要です。

    スマホかタブレットをご持参ください。

    この企画はコロナ禍を意識した非接触、三密回避が図られた屋外を活用した特別展です。

    広い海浜公園や干潟を自由に歩き、マップを手がかりにスタンプスポットを探し、各スポットの二次元コードをスマホで読み取りキーワードを入力するとスタンプをゲット出来ます。

    スタンプを8個集めると最後のクイズの場所が表示され、そこのクイズに正解すると記念品がもらえます。

    行く先々には、美しい花を咲かせる浜辺の野草、広々とした干潟の景色、そして春の渡り鳥など、三番瀬でしか見られないものが観察できる体験型スタンプラリーです。

    参加してみませんか。

     

  • 「パントリーピックアップ」の様子を見学しました。

    2021年04月11日

    「フードバンクふなばし」では、ひとり親を対象に、毎月一回行われている「パントリーピックアップ」が4月11日(日)10時30分から12時まで開催されました。

    「パントリーピックアップ」とは、実際に会場まで足を運び、自分自身で必要な食品を無料で持ち帰ることを言います。

    受付前に手の消毒を行い、密にならないように入り口で順番を待つなど、工夫がされていました。

    今日は天気が良かったので、外で待つのも苦ではありませんでしたが、先月は、雨のため、傘をさして待ってもらったそうです。

    今回から、児童家庭課のひとり親家庭支援係の支援員の方が来ています。

    市役所に足を運ぶのが大変な方や、相談に行くのが困難な方もいますので、まずは、気軽に相談をしてほしいと、声掛けをしながら、チラシを配っていました。

    小さなお子さんと一緒に来られたお母さん、お菓子を手に取り、とても嬉しそうでした。

    金杉台団地入口の道路に面した場所のため、車や通りすがりの人が、何をやっているのか不思議そうに見ていました。

    見ていてとても感心したのが、スタッフの方たちが、以前来られた方たちの状況をしっかりと覚えていて声掛けをしていたことです。

    ちょっと心配な方を、支援員の方に繋げていました。

    行政だけでは埋もれてしまっている家庭があります。

    多くの方の力を借りて、ひとり親で子育てに頑張っている家庭を応援したいです。

    次回は5月8日(土)の予定です。

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ