船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「市議会への期待とその役割」片山善博慶応義塾大学法学部教授のよる研修会

    2013年02月05日

    京葉5市議会議長連絡協議会議員合同研修会が開催され、参加しました。片山善博教授より、鳥取県知事時代から総務大臣を経験して、市議会への期待と役割について、今、最も話題となっている「教員の駆け込み退職の問題」を通して、条例を提案するのが執行部であれ、議員発議であれ、どちらにしても承認をするのは、議会であること。議員がしっかりと、その条例に関係する当時者に意見を伺うなどしないとこのようなことになってしまうことを、わかりやすく教えていただきました。議会がしっかりと条例や政策の点検や行政の監視、行政運営の評価を行わないといけないことなど、具体的に話を伺いとても勉強になりました。今後の議会での質問に役立つことが沢山ありました。IMG_2460

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ