船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「光触媒を利用した室内コーティング施工」を行っている企業から、説明を受けました。

    2020年07月08日

    「光触媒」は、1967年に、東京大学大学院に在学中の、藤嶋昭氏(現:東京理科大学学長・東京大学特別栄誉教授)が、本多健一助教授の指導の下、水溶液中の酸化チタン電極に強い光を当てたところ、酸化チタン表面で、光触媒反応が起きることを発見。

    実験中偶然にこの作用を見出したのが、酸化チタン光触媒の半世紀に亘る物語の始まりなのだそうです。

    日本で誕生した「光触媒」は、1995年に「光励起親水化現象」も発見され、さらに応用範囲が広がりました。

    技術応用例は、ドーム型スタジアムなどの膜屋根のテント加工に使われ、長年の風雨にさらされても、汚れて黒ずんだりすることはありません。

    この頃は、太陽光に含まれる高エネルギーの「紫外光」が必要だったため、屋外に限られていました。

    2010年あたりから、蛍光灯などの室内光でも機能を発揮する「新しい可視光応答型光触媒」の研究開発が行われ、「紫外光」よりもエネルギーが低い「可視光」でも、細菌やウイルスの99.99%をわずか1時間で不活性化できる新しい「光触媒」が誕生しました。

    この「光触媒」を使って、住まいの悩みに効果が発揮ができるそうです。

    トイレのアンモニア臭・たばこの臭い・ペットの臭い・料理の臭いなどの消臭

    カビ菌・インフルエンザ・ノロウイルス・水回りの雑菌・大腸菌などの抗菌・抗ウイルス

    シンクの汚れ・キッチン周りの油汚れ・浴室の水垢などの防汚

    インフルエンザウィルスに対する「光触媒」の効力を確認しているので、コロナウイルスに対しても、同様に効力があると考えられるそうです。

    「光触媒」は、一度塗布すると、長期間、機能が維持され、太陽光や室内光が当たるだけで、「光触媒」に付着されたウィルスや菌が分解され、常に清潔な空気を維持することができるようです。

    一緒に話を聞いた方は、理科系の大学出身のため、とても興味深く聞き、さらに質問もされていました。さすがです。

    私は、「光触媒」のメカニズムはよく分かりませんが、この「光触媒」を使い、トイレやお風呂など、コーティングすれば、汚れやカビ菌が簡単に洗い流せるという事に、興味をひきました。

    学校をはじめ、公共施設のトイレの臭いを何とかして欲しいと、多くの方から、言われます。

    「光触媒」で、臭いが取れるなら、活用して欲しいと思います。

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ