船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 船橋市農業センターを視察しました。

    2016年11月10日

     

    IMG00592

    最近、農福連携が注目を浴びています。

    農福連携とは、障害者が農業の担い手となることです。農林水産省や厚生労働省、地方自治体が支援し、主に知的、精神障害の方を対象に、高齢化、後継者不足に悩む農業に参加してもらう取り組みです。

    船橋市内でも、高根にある農地を企業が借りて、始めようとしています。

    また、この事とは別に、刑務所や少年院を出た後も、働き口が得られず、再び罪を犯してしまう再犯者率の高さが課題となる中、農業を通じた自立・更生支援が成果を上げているところがあります。

    法務省が取り組んでいる「茨城就業支援センター」があります。新聞の記事を読み、船橋市でも、自立・更生支援が出来ないものか、農業センターへ行き、相談をしてみました。

    農業センターの目的は、都市化の影響に伴い、農業を取り巻く情勢は厳しく市民との調和や地域性を生かした、新しい姿の農業が必要です。そのために、農業センターでは、都市農業の振興と産地の育成を図るために、野菜、果樹の新品種、新技術の展示および土壌診断などを行い、船橋の将来を担う農業者の様々な要望にこたえています。

    目的が、違うため、就業センターのようなことは出来ませんが、市民家庭園芸講座や市民開放デーなどで、土と触れ合うことは可能とのことでした。

    様々な課題はありますが、一人で考えるよりも、専門家の皆さんと話をする中で、何かできないか、ヒントを得た気がします。

    お忙しい中、話を聞いて下さり、また、センターを案内して下さった、職員の皆様、ありがとうございました。

    IMG00590IMG00589

    梨の研究で、木と木の間を狭くし、早く実がなるように研究を始めるところだそうです。

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ