船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 親子で散歩に出かけてみませんか。

    2021年05月29日

    「歩育」って、聞いたことがありますか?

    「歩育」とは、子どもたちが歩く運動を通して、知力・体力・気力を養成し「生きていく力」を育んでいく取り組みのことをいいます。

    赤ちゃんは、ハイハイを経て、立ち上がることで視野が広がり、目から入る情報が増えます。

    二足歩行は、両手が自由に使えるようになって、思考回路が刺激され、脳が活性化されるそうです。

    神経細胞は3歳前後までに急激に発達し、10歳ごろまでに回路形成はほぼ完成すると言われています。

    歩くと脳が活性化します。

    子どもは、成長の過程で、分からないことがあると「なんで?」「どうして?」「これは何?」と聞いてきます。
    好奇心の表れです。

    この時に親が「この花はね、アジサイっていってね・・・」と、受け止めてキチンと返してあげると、子どもの感性が高まり、共感力が増していきます。

    家から一歩外に出ると、様々な情報があふれています。子どもは「なんで?」「どうして?」を連発します。それだけ、好奇心を刺激する機会がたくさんあります。

    子どもが、普段何に興味を示すのか、観察しておくといいですね。昆虫が好きなら、そっと昆虫図鑑を見ておくとか、花が好きなら、名前や花言葉などを知らべておくのもひとつです。

    地名の由来や、建物の歴史などを一緒に学びながら散歩するのも楽しいですね。

    いつもとはちょっと違う時間を過ごしてみませんか。

    忙しいと「早くいくよ」「そんなところで立ち止まらない」などついつい言ってしまいがちですが、散歩に行くときは、親も楽しむことが大切です。

    親が楽しんでいると、子どもも楽しめますが、親が楽しんでいないと、子どもも楽しくありません。一緒になって、思いっきり楽しんでみませんか!

    「水分補給を忘れずに!」そして散歩中にたくさん子どもを褒めてあげてくださいね。

    また、家に戻ったら、親のほうから「今日は、一緒に行ってくれてありがとうね」「楽しかったね」と言ってあげてください。

    親から感謝の気持ちを伝えることで、子どもは「親も楽しかったんだ」となり、うれしくなります。

    このようなやりとりをすることで、相手に感謝する習慣も身についてきます。

    私が子育てをしているときに教えてもらった言葉です。「3歳までは手を離さず、6歳までは目を離さず、小学生になったら心を離してはいけない」

    子どもの成長は早いものです、手をつないでくれる間は、しっかりと手をつなぎましょう。

    3歳ごろになると、手をつなぐことを嫌がるようになります。そうしたら次は目を離さず、子どもを見てください。小学生になると行動範囲が広がりひとりで行動します。目を離しても、決して心は離さないでくださいね。

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ