船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 都立荏原病院で行われた使用済み紙オムツのリサイクル実証実験を視察しました。

    2021年01月25日

    使用済み紙オムツのリサイクルの実証実験が、都立荏原病院で行われ視察に行ってきました。

    以前にも、伯耆町へ視察に行きましたが、今回は、トラックに機械を積んでの実証実験でした。

    これなら、電源が取れれば、少しのスペースで、使用済み紙オムツのリサイクルができます。

    病院から出された使用済み紙オムツが運ばれてきました。

    ほとんど臭いやウィルスを通さない特殊なポリエチレン袋です。

    レジ袋のようにしてほしいと要望があったそうですが、レジ袋だと、口がしっかりと封ができず、臭い等が漏れてしまうため、くるくる巻いてきゅっと結べるようにしたそうです。

    45ℓのごみ袋のような大きな物が良いかと思いましたが、あまり大きいと沢山入れられますが、重たくなってしまうため、小さめにしたそうです。

    青の扉から機械に投入です。

    約16時間かけて、水分が取り除かれ粉砕されます。

    すでに導入されている所では、朝投入し翌日の朝取り出しているそうです。16時間で粉砕されますが、そうすることで、夜、人が付いていなくても良いからだそうです。

    また、常時投入ができるため、保管庫がいらないそうです。

    前日からの物ですが、赤の扉から粉砕されたものが出てきました。

    水分が取り除かれたので、軽いです。

    リサイクルを考えなければ、この状態で事業系ごみで出す場合、重さが3分の1になりますので、料金が安くなり、このケースを取り入れた自治体もあります。

    こちらの機械に、粉砕されたものを入れて、燃料となるペレットを作ります。

    このようなペレットになります。

    裏側にダクトがあり臭いが出ていますが、尿の臭いはほとんどしていませんでした。無臭とまではいきませんが、気になる臭いではありませんでした。

    200ボルトの電源があればいいそうです。

    伯耆町ではすでに導入していますが、ペレットをボイラーの燃料にしてお湯を沸かし、町民の皆さんが使用できるお風呂を運営しています。

    船橋市でも、導入ができないか会派で研究しています。

    高齢者施設等から出る使用済み紙オムツをリサイクルし、ボイラーを設置できる入浴施設や温水プール等がないか考えています。

    国も本格的に使用済み紙オムツのリサイクルを考え始めています。

    方法はいくつかありますが、今回のケースは、水も使用せず、万が一大きな災害が起こった時、トラックが止められるスペースと電源が確保できる場所であれば、避難所等から出る使用済み紙オムツの処理ができます。

    他のごみは数日たってもさほど気になりませんが、使用済み紙オムツはそのまま置いておくと臭いが気になります。衛生面も考えると、とても画期的な取り組みです。

    今後も、しっかりと取り組んでまいります。

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ