船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • アンデルセンと船橋

    2020年11月20日

    船橋市は、1989年にアンデルセンの生誕の地、オーデンセ市と姉妹都市の提携を行っています。

    1984年(昭和59年)11月に、オーデンセ市長一行が、自治体のコンピューター高度利用の視察で、船橋市を訪れたのが、船橋市とオーデンセ市との出会いです。

    オーデンセ市は、有名な童話作家アンデルセンの生まれたまちです。

    1805年4月2日に生まれたアンデルセンは、2005年に生誕200周年を迎え、生誕を祝うイベントが、デンマークだけでなく、世界中で行われました。

    ふなばしアンデルセン公園は、オーデンセ市の協力を得て、1996年(平成8年)に開園しました。

    1987年(昭和62年)から市民に親しまれていたワンパク王国と、隣接していたメルヘンの丘ゾーン及びこども美術館ゾーンが新たに整備され、1996年10月に、アンデルセン公園となりました。

    テレビのロケも行われています。

     

    2019年に中国西安市と友好都市提携25周年記念の様子です。

     

    2018年にアンデルセンスタジオ「しっかり者のすずの兵隊」がオープンした時の様子です。

     

    2016年にカリフォルニア州ヘイワード市と姉妹都市提携30周年の時の様子です。

    建物は、デンマークの1800年代の建物を再現したコミュニティーセンターです。

     

    2014年オーデンセ市姉妹都市提携25周年記念式典の様子です。

    懐かしい写真と共に、振り返ってみました。

    アンデルセンの名前は「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」と言います。

    1805年にオーデンセ市の貧しい靴屋に生まれ、14歳の時、役者になろうと、デンマークの都、コペンハーゲンに行きました。

    23歳で大学の入学試験に合格。作家としての道を進み始めました。

    その後、ヨーロッパ各地を旅行。

    40歳で「みにくいあひるのこ」「マッチ売りの少女」「おやゆび姫」「はだかの王様」などを書きました。

    1875年8月4日 70歳 コペンハーゲンで死去しました。

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ