船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 子どもの脳脊髄液減少症の周知を

    2014年12月24日

    【脳脊髄液減少症】とは

    *交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃によって脳脊髄液が漏れ続け、減少することで頭痛やめまい、吐き気などの様々な症状に慢性的に苦しめられる病気です。

    朝、頭痛で起きることが出来ず、立ちくらみやめまいなどの症状がでるため、似たような症状の起立性調節障害・自律神経失調症・心因的なものと誤解されやすく、学校ではいわゆる「不登校」と判断されがちで、病気に対する適切なケアがされていないのが現状です。

    どんなことが原因で髄液漏れになるのでしょうか。

    【主な原因】

    *転倒事故 

     ・尻もちをついた

     ・転んで頭を強く打った

     ・学校の廊下で転倒した

    *交通事故

     ・追突事故・接触事故

    *スポーツ外傷 

     ・ボールが頭に当たった

    (野球のボール、バレーボール等)

     ・テニスのラケットが頭に当たった

     ・練習中に生徒同士が激突した

    *その他

     ・楽器演奏の負担

     ・いじめによる暴力

    子どもたちからのメッセージ

    学校に行きたい!勉強もしたい!

    クラスのみんなと一緒にいたいし、学校行事にも参加したい。だから、怠けによる不登校などではありません。

    私たちは、先生がこの病気を知ってくれるだけで心も体も楽になります。

    (子どもの脳脊髄液減少症の冊子より)

    私は、8年前に、議員になってから、この病気のことを知りました。

    議会でも取り上げ、一人でも多くの方に知ってもらうために、学校関係者に研修会を開催していただきました。

     00389

    *養護教諭・体育主任等の研修会で研修し、参加者から各学校で周知

    *学校の「保健だより」で、保護者に周知

    *「広報ふなばし」の【健康メモ】等への掲載、チラシを市役所・保健所・保健センター等に置き、市民の方に周知

    *H19年度に、「子どもの脳脊髄液減少症」の冊子を各学校に1冊配布

    上記のリンクをクリックしていただくと、「子どもの脳脊髄液減少症」のHPが見られます。

    ぜひ、ご覧くださいね。

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ