船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 幼児期のケンカは、コミュニケーションを学ぶ大事な時です。

    2014年10月21日

    皆さんはこんな時どうしますか。

    防犯019

    例えば、おもちゃを取られて泣いている我が子。どのように声掛けをしますか?

    「おもちゃを取られて悔しかったね」と、子どもの気持ちを代弁してあげることが、

    自分の中に湧き上がる感情を認識し、コントロールするスタートとなるようです。

    逆に、友達のおもちゃを取ってしまった時はどうでしょうか。

    防犯018

     ついつい一方的に「取っちゃダメじゃない!」と叱っていませんか。

    叱っているだけでは、親への不信感につながるので、その時は「どうして取ったの?」と聞きながら、

    「おもちゃが欲しかったんだね」と共感しながら、「でも、取っちゃダメなんだよ」とルールを教えるのが大切です。

    その時に、親が「おもちゃ貸してね。」って、手本を見せるのがいいと思います。

    そんなことを言っても、簡単にはいかないわ、と思いますが、繰り返すことによって身につくものです。

     00625

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ