船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • DV、一人で悩まないでください!!

    2020年04月25日

    不要不急の外出が続き、家庭内でのトラブルも発生しています。

    配偶者などからの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されます。

    被害者が独りで悩みを抱えることがないように、内閣府は、新たな相談事業「DV相談+」を始めました。

    電話の他、加害者と一緒にいても使いやすいメールやチャットでも相談に応じています。

    「DV相談+」は、相談対応の経験を持つ相談員が対応し、必要に応じて面談や同行支援につなげます。

    また、警察などの関係機関と連携し、保護や緊急の宿泊所の提供なども行われるようです。

    受付は、電話相談 0120-279-889

    午前9時から午後9時まで(4月29日の夜以降からは24時間対応となります)

    メールは24時間、チャットは正午から午後10時までで、「DV相談+」のHPの専用フォームで受付。

    5月1日からは、メール相談などは、英語や中国語など10か国対応となります。

    既存の「DV相談ナビ」電話 0570-0-55210でも受けています。

    こちらの対応時間は、日中の場合が多く、最寄りの配偶者暴力相談支援センターなどにつながります。

    船橋市の取り組みを紹介します。

    夫や恋人など親密な関係のある人からうける様々な暴力の形態

    *身体的暴力・・・殴る、蹴る、物を投げつける、包丁を突き付ける、タバコの火を押し付けるなど

    *経済的暴力・・・生活費を渡さない、外で働くことを妨害する、家計を厳しく管理するなど

    *精神的暴力・・・なんでも従えと言う、外出を禁止する、交友関係や電話の内容を細かく監視する、無視するなど

    *性的暴力・・・・性行為の強要、見たくないのにポルノビデオを見せる、避妊に協力しないなど

    *子どもを巻き込んだ暴力・・・子どもに暴力を見せる、子どもを取り上げる、自分の言いたいことを子どもに言わせるなど

    このような事があったら、一人で悩まずに、相談しましょう。

    緊急の場合は迷わず110番をしてください。

    女性向けの相談窓口

    船橋市女性相談室・・・月曜日から金曜日、第2土曜日

    午前9時から午後4時(祝休日は除く)

    047-431-8745

    面接相談は予約が必要です。土曜日は面接相談のみとなります。

    千葉県女性サポート・・・365日24時間

    043-206-8002

    面接相談は予約が必要です。

    千葉県県警本部女性被害110番・・・月曜日から金曜日

    午前8時30分から午後5時15分

    043-223-0110

    男性向けの相談窓口

    千葉県男女共同参画センター

    火曜日・水曜日

    午後4時から午後8時

    043-308-3421

    不要不急の外出をしないように、緊急事態宣言が出ていますが、上手にストレスと向き合わないと、どうしても、弱い人に自分のイライラをぶつけてしまいがちになります。

    今回はDVについて取り上げましたが、虐待も同じです。

    特にDVの厄介なところは、愛情表現だと言って、正当化することです。

    また、収入の少ない妻にしたら、この後どう生活すればいいのかわからず、我慢をしてしまう。

    怒りが収まれば、優しくなる。

    この繰り返しで、我慢して我慢して、どうしようもなくなってからでは、遅いです。

    嫌だなと思ったら時点で、誰かに相談してください。SOSを出してください。

    悲惨な事件にならないうちに、勇気を出して、声を出してください。

    決して一人ではありません!!

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ