船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • ふなばしミュージックストリートが開催されました。

    2019年10月20日

     

    ふなばしミュージックストリートは、①天沼弁天池公園②船橋グランドホテル「カフェグランデ」③船橋駅北口おまつり広場など11か所で開催されました。

    私は、孫と一緒に、SHIRASE5002(船上)の会場に行ってみました。

    駐車場の用意がないため、公共交通の利用を呼びかけていました。

    新習志野駅からシャトルバスが出ているため、新習志野駅に行きましたが、普段、車生活の私にとって、初めて乗った京葉線。たった一駅なのに、大分苦労しました。

    なぜならば、午後は、ららぽーとで開催中の、「いきいきフェア」にも行ってみたいと思い、車をららぽーとの駐車場に置き、南船橋駅から京葉線に乗ったわけですが、全く初めての南船橋駅だったため、苦労しました。

    新習志野駅に着いたものの、シャトルバスの乗り場が分からず、スマホで確認するも、、、、駅前にいた警備員さんに教えてもらいました。

    SHIRASE5002は、元文部科学省の三代目南極観測船でした。日本と南極を25往復し、昭和時代に建造された自衛艦としては最も大きかったそうです。

    平成20年に引退後、平成22年に民間気象情報会社「株式会社ウェザーニューズ」が取得し、船橋港に係留しています。

    平成25年に「一般社団法人WNI気象文化創造センター」へ所有権を移転し、環境をテーマとした体験型イベント「チャレンジグSHIRASE」を年5回開催しています。

    また、週2回の見学会(サッポロビール千葉工場との共同見学)を実施しています。

    迷路のような廊下、寝室や医務室、目の当たりにして、何だか、動いていないのに船酔いした感じでした。

    スタンプラリーも行われていて、船上をかなり歩きました。

    会場では、ノリノリの音楽が演奏されていました。

    音楽で船橋をもっと元気にしたいとの思いからスタートしたミュージックストリート。

    他の場所は回れませんでしたが、違った意味で、新しい発見をした一日でした。

    多くの方が、ボランティアで頑張っていました。お疲れ様でした!

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ