船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 高根・金杉地区自治会連合会の新春懇談会に参加しました。

    2016年01月25日

    IMG00002

    1月24日(日)金杉会館で開催された、高根・金杉地区自治会連合会の新春懇談会に参加しました。

    多くの地区連が、この時期開催されていますが、ここは、懇親会ではなく、懇談会です。

    毎年毎年、会長さんが、懇談会ですので、来賓の皆さんと懇談をして下さい。と言われます。

    松戸徹市長をはじめ、多くの来賓の方がお見えになりました。

    9年前、初めて参加をしたときに、最後までいたら、ある方から「議員は、最初に挨拶をして、途中で帰るものよ」と言われましたが、議員になる前にお世話になった、地区社協の方もいましたので、最後までいました。あの頃から変な議員と思われながら、毎年参加をしています。

    今年も、他の議員の方は、挨拶を済ませると帰っていきました。そして、必ず、他にも呼ばれているので、と言います。

    私は、最後に挨拶をさせてもらいましたが、「私は、他に呼ばれていませんので、最後までいます。」と、皆さん、笑っていました。そして、高根・金杉地区連が、いち早く、避難所運営協議会を立ち上げて、訓練をしていること、そして、避難所になる小学校の体育館のバリアフリー化について、町会長・避難所運営協議会会長さんと共に、学校へ行き、そして、教育委員会に要望し、来年度予算が付けば、工事が始まることなどを話しました。

    そして、今日の新聞の記事を通して4月から始まる、電力自由化について、変更方法、費用、停電などの恐れがあるのか、話をさせてもらいました。

    最後まで参加する中、多くの町会長さんたちと、懇談をし、要望をいただきました。

    最後、副会長さんの〆のあいさつで、「多くの先生が来ましたが、最後まで残っている人はいません」というと、他の方が「橋本さんはいるよ」と言ってくれました。しかしその後、副会長さんが「橋本さんは、先生ではなく、我々の娘(?)ですよ!」と。お酒が入っていますが、嬉しい言葉でした。

    これからも、地域のために頑張ろう!と決意をした一日でした。

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ