船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 金杉台中学校で開催された「白鷺祭」に行って来ました。

    2015年11月03日

    DSC_0147

    10月23日(金)に開催された「白鷺祭」に行って来ました。

    金杉台中学校では、音楽祭だけではなく、ダンスコンテスト・部活動の発表・英語スピーチの発表・子ども未来会議での発表など、様々な取り組みが発表されました。

    小規模校ならではの取り組みだと思います。

    DSC_0144

    全学年が、7~8名のチームで、思い思いのダンスを披露し、各学年ごとに、良かったチームを投票し、最後に結果発表がされました。

    恥ずかしそうな生徒もいましたが、全員がしっかりと踊っていました。私の中学生時代は、フォークダンスが主流でしたが、今は、パフォーマンスが主流になっているのでしょうか?

    授業での取り組みがしっかりと伝わってきました。音楽に合わせて体を動かすことが苦手な私にとっては、とても羨ましいです!

    また、市長が中学生と行った「子ども未来会議」に参加した生徒からは、市長に提案をしたことを発表しました。

    動物010

    内容は、犬の殺処分を無くすために、学校で野良犬を飼ったらどうかという提案でした。みんなで順番で飼育をし、長期休暇の時は、自宅で飼うことが可能な人が自宅で飼う。食糧費は、市の方から出してほしいとの内容でした。実現するかどうかよりも、発想が大人と違い、素晴らしいと思いました。

    未来を担う生徒たちの考えを、しっかりと聞き、今後に生かしていこうとする市長の取り組みも素晴らしいと感じました。

    金杉台中学校では、金杉台小学校と連携をしています。小規模校は小規模校なりの良さがあります。生徒一人一人に大勢の先生の目が行き届き、担任が気が付かないことも、他の先生が気付いてあげることもできています。これからも、金杉台中学校を応援していきたい思います。

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ