船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 学校の体育館の高窓の所に手すりが設置され、法典小学校で見学させていただきました。

    2020年12月07日

    体育館の高窓の開け閉めには、手すりもなく、頑丈なはしごを使って、窓の開け閉めを行っていました。

    会派の木村修議員が、平成30年第3回定例会で「学校の体育館の安全対策」として、取り上げました。

    小学校では、必ず教員が行い、中学校では、基本教員ですが、生徒が行う場合もあります。この場合は必ず教員が立ち会うことになってはいますが、常に危険が伴います。

    この危険を回避するための方策を取るべきと提案しました。

    船橋市の学校の体育館は、昭和40年から50年代前半にかけて建設されたものが多く、窓等の開閉のためのスペースに手すりがない構造となっています。

    小学校は55校中43校、中学校は27校中22校、合計82校中65校は手すりが付いていません。

    今年度、全ての学校に設置されたことを伺い、法典小学校におじゃまし、見学させていただきました。

    法典小学校には、以前、御滝中学校でPTAの副会長をしていた時にお世話になった校長先生が、その後、法典小学校の校長先生になったので、校長室に行けば、写真があるかなと思い、行かせていただきました。(校長室に写真があり、懐かしく感じました)

    かなり重たい頑丈なはしごから、移動が楽になった軽いはしごに取り替え、はしごを掛ける所も数か所設置されました。

    手前の白いものが今回設置された手すりです。

    いのち綱もあります。

    もともと設置されている窓際の手すりにフックを掛けて、窓等の開閉を行います。

    この場所は、幅70㎝位とのことです。

    事故が起こってからでは遅すぎます。危険だという認識で、手すりのない学校全てに設置されたことは、良かったと思います。

    コロナ禍で、常に窓を開けているそうですが、安心して窓の開け閉めができます。

    体育館では、子ども達の元気な声が、響き渡っていました。

     

  • 「玉川旅館」動画・VR画像を公開

    2020年12月07日

    「玉川旅館」動画・VR画像を公開

    本年(2020年)4月末をもって、多くの市民に惜しまれながら創業100年の歴史に幕を下ろし、解体・撤去が行われた「玉川旅館」。

    解体が行われる前に市で記録保存のため撮影した動画・画像が市ホームページで公開されています。

    YouTubeで公開されている動画は、「玉川旅館物語ダイジェスト編」約2分15秒、ナレーションありの「玉川旅館物語 本編」約9分30秒、ナレーションなしの「玉川旅館物語 資料編」約16分30秒の3編と館内約90ヶ所を360度VR体験できる画像です。

    「玉川」の名は、創業者の父が船橋大神宮の奉納相撲で名乗っていた四股名に由来しており、かつて塩田であった地に大正10年(1921年)に料亭として創業し、のちに旅館としての営業を開始しました。

    昭和初期に建てられた本館・第一別館・第二別館の3棟は国の登録有形文化財となり、第二別館1階の一番奥の「桔梗の間」は、文豪太宰治が宿泊した部屋として伝えられていました。

  • 金杉台1丁目の道路補修をしていただきました。

    2020年12月04日

    金杉台保育園や金杉台公園に向かう道路です。

    簡単な穴埋めでは、直ぐに剝がれてしまうので、この様になりました。

    道路維持課の迅速な対応に感謝しています。

     

     

  • 船橋市所蔵作品展「椿貞雄と清川コレクション」が開催されています。

    2020年12月03日

    12月2日(水)から23日(水)まで内装が新装された船橋市民ギャラリーで、令和2年度船橋市所蔵作品展「椿貞雄と清川コレクション」が開催されています。(入場無料。午前10時~午後5時。金曜日は午後7時まで)。

    今年度は、船橋市が「清川コレクション」を収蔵してから20年の節目を迎えたことを記念し、その中心画家である椿貞雄の生涯と画業、そして、清川コレクションに残された船橋ゆかりの芸術家の作品など約250点を過去最大規模の展示会として紹介しています。

    学芸員が3年以上にわたり関係者への取材や作品の来歴などの調査研究を続けてきた成果を、展示内容でお伝えすると共に約200点におよぶ出品作品の図版をカラーで掲載した図録として一冊にまとめ会場で販売しています。

    また毎週金曜日には14時から1時間、学芸員により展覧会の見どころをスライドを使って紹介しています。

    明治から昭和にわたる船橋の美術活動の豊かさを感じていただける市所蔵作品展にぜひ足を運んでください。

  • 金杉4丁目グレーチング蓋横のアスファルトを補修してもらいました。

    2020年12月02日

    金杉4丁目の道路ですが、アスファルトがえぐれていました。

    アスファルトから下を覗くと、U字溝の水が見えていました。

    ご近所の方から、心配の声を伺い、道路維持課にお願いをして、補修していただきました。

  • アンデルセンと船橋

    2020年11月20日

    船橋市は、1989年にアンデルセンの生誕の地、オーデンセ市と姉妹都市の提携を行っています。

    1984年(昭和59年)11月に、オーデンセ市長一行が、自治体のコンピューター高度利用の視察で、船橋市を訪れたのが、船橋市とオーデンセ市との出会いです。

    オーデンセ市は、有名な童話作家アンデルセンの生まれたまちです。

    1805年4月2日に生まれたアンデルセンは、2005年に生誕200周年を迎え、生誕を祝うイベントが、デンマークだけでなく、世界中で行われました。

    ふなばしアンデルセン公園は、オーデンセ市の協力を得て、1996年(平成8年)に開園しました。

    1987年(昭和62年)から市民に親しまれていたワンパク王国と、隣接していたメルヘンの丘ゾーン及びこども美術館ゾーンが新たに整備され、1996年10月に、アンデルセン公園となりました。

    テレビのロケも行われています。

     

    2019年に中国西安市と友好都市提携25周年記念の様子です。

     

    2018年にアンデルセンスタジオ「しっかり者のすずの兵隊」がオープンした時の様子です。

     

    2016年にカリフォルニア州ヘイワード市と姉妹都市提携30周年の時の様子です。

    建物は、デンマークの1800年代の建物を再現したコミュニティーセンターです。

     

    2014年オーデンセ市姉妹都市提携25周年記念式典の様子です。

    懐かしい写真と共に、振り返ってみました。

    アンデルセンの名前は「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」と言います。

    1805年にオーデンセ市の貧しい靴屋に生まれ、14歳の時、役者になろうと、デンマークの都、コペンハーゲンに行きました。

    23歳で大学の入学試験に合格。作家としての道を進み始めました。

    その後、ヨーロッパ各地を旅行。

    40歳で「みにくいあひるのこ」「マッチ売りの少女」「おやゆび姫」「はだかの王様」などを書きました。

    1875年8月4日 70歳 コペンハーゲンで死去しました。

  • シトラスリボンプロジェクト

    2020年11月16日

    シトラスリボンプロジェクト


    シトラスリボンプロジェクトとは、新型コロナウイルス感染症の拡大で引き起こされた医療従事者や感染者への差別や偏見を無くし、誰もが笑顔で暮らせる社会を取り戻すために、シトラスカラーのリボンや専用ロゴを身につけたり、家庭の玄関や郵便受けに掲示して「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広める取り組みで愛媛の有志から始まりました。

    船橋市はシトラスリボンプロジェクトに賛同しています。

    市ではコロナ禍においても市民全員が安心して暮らせる社会を実現するため、職員がシトラスリボンプロジェクトに賛同し取り組むことでおもいやりの輪を広げます。

    又この取り組みを広げ、思いやりや優しい気持ちがあふれる社会を目指して、公民館や出張所などにポスターやチラシを配布しています。

    更に12月中旬以降に、市内小・中学校の児童・生徒へリボンと作り方を配布し、周知を図ります。

    シトラスリボンの3つの輪は、「地域」「家庭」「職場(または学校)」を表しています。

    シトラスカラーとは柑橘をイメージした色です。

    リボンや紐に材質の指定はありませんので、自由に作ってみませんか。

    リボンの作り方など詳しくは、市ホームページをご覧ください。

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ