船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 新型コロナウイルス感染症の「中等症」って?

    2021年08月06日

    ワシントン総合病院の安川康介さんが作成したイラストです。

    知人から、転載に許可は不要とのことで、教えていただきました。

    私たちが思う「中等症」と医者が持つ「中等症」はこんなにも違うものなのですね。

    例えば、「40℃近い熱が続き、下痢も続いたら大変だ」と思うものですが、呼吸に支障がなければ「軽症」であり、現在の病床状況では、極めて入院は厳しいとのこと。

    酸素マスクが必要なのは「中等症」で、「若い人は重症化しづらい」と言われている「重症」とは、人工呼吸器に繋がれている状態のことです。

    日々気を付けていても、デルタ株は思っている以上に感染力が強く、感染されてしまう方が増えています。

    デルタ株は、国立感染症研究所が「懸念される変異株」に分類し、警戒を強めている4種類の1つです。

    しかし、「若い人は重症化しないんでしょ?」と思って、バーベキューやルームパーティーをすることでの感染例は、後を絶ちません。

    どうか、「重症化」を軽く考えないでください。

    今私たち一人一人ができることは、マスクの着用です。

    例えば、職場内での食事時に、マスクを外して、話をしていませんか。

    食後の歯磨きをする場は密になっていませんか。

    喫煙場所ではどうですか。

    ワクチン接種をしたからと言って、家族以外の人とマスクなしで対応していませんか。

    今一度、マスクの着用、手洗い、3密を避ける等、感染しないように気を付けましょう!!

    ただし、マスクの着用は、熱中症に気を付けなければなりませんので、周りに人がいない時は、外すなどして下さい。

    自分も周りの人も、感染しない、させないことが重要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ