船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 船橋市入学準備金貸付制度(推薦入学者用)の「非課税世帯に限定」が撤廃され誰でも利用できるようになりました

    2013年11月05日

    船橋市入学準備金貸付制度(推薦入学者用)について

    この制度は、経済的理由により進学することが困難な方に対して、入学資金(入学準備金)を貸付し、将来の有望な人材を育成するための船橋市独自の制度です。 多くの市民の皆様からのご要望があり、改善を求めた結果、「非課税世帯に限定をして」が撤廃され誰でも申し込みができるようになりました。

    00078

    24年度募集要項(一部)

    申請資格

    次のすべてに該当する方。 1:平成26年度に高等学校、高等専門学校、専修学校(高等課程及び専門課程に限る)または大学(短大を含む)に進学予定の方 2:本人または保護者が、引続き船橋市内に1年以上在住している方 3:経済的理由により修学が困難で、かつ、学校長が奨学生として推薦する方

    申請期間

    ・推薦入学者:平成25年10月1日(火曜日)から平成26年2月5日(水曜日)まで(郵送不可)(AO入試、自己推薦は除く) ・一般入学者:平成26年1月6日(月曜日)から平成26年2月5日(水曜日)まで(郵送不可) (注)受付時間は午前9時から午後5時まで (注)本人が直接学務課へ提出してください

    申請手続き(提出書類)

    次の5つの書類を直接、教育委員会学務課まで提出してください。 (注)提出書類の返却はいたしません。 (注)本人(奨学金貸付申請者)の印鑑を持参してください。

    1:奨学金貸付申請書(指定用紙) ・本人と連帯保証人とは異なる印を使用してください。(スタンプ印は不可) ・書き損じは朱線2本線で申請者の印を押印のうえ訂正してください。(修正液は不可)

    2:校長の推薦書(指定用紙) ・現役生については在学校、その他の方は出身校の推薦書

    3:平成25年度市県民税課税証明書または非課税証明書(原本)(所得の内訳・所得控除の内訳が記載されたもの) ・家族で収入のある方全員分、及び連帯保証人分 ・市役所市民税課(2階)及び各出張所・各連絡所・船橋駅前総合窓口センター(フェイスビル5階)で発行しています。

    4:本人を含む家族全員の住民票(原本)※3か月以内のもの ・本籍、続柄等すべて記載されているもの ・住所が異なる方がいる場合には、その方の住民票も必要になります。(単身赴    任、入寮等)

    5:「合格通知書」等のコピー

    貸付金額

    ・大学(短大を含む)、専修学校(専門課程) 150,000円以内(国・公立) 400,000円以内(私立) ・高等学校、高等専門学校、専修学校(高等課程) 70,000円以内(国・公立) 200,000円以内(私立)

    00337

    平成24年第4回定例会での一般質問より

    【橋本】 推薦入学者用の入学準備金は市民税が非課税、または市民税所得割が非課税の世帯となっております。昨年は収入があっても、今年になって収入が激減し、奨学金を受けられない方がいます。 推薦入学が決まり、入学金を年内に納めなければならないケースがあります。

    市の奨学金を申し込む方がおりますけれども、非課税世帯ではないので借りることができないケースがあります。 そういった場合には、社会福祉協議会でも貸し付けを行っておりますので、大抵はそちらを紹介します。私も何回か社会福祉協議会のほうに相談に行きましたけれども、こちらは福祉ということで、必ず民生児童委員の方が間に入り、書類の記入や家庭訪問などがあります。 このようなことに抵抗を感じ、それならいいですと手続をやめるケースも少なくありません。

    また、国民生活金融公庫では、逆に一定の収入がなければ借りられませんので、できるならばこの市の奨学金を見直して、借りやすくしてあげるべきだと思います 。

    【学校教育部長】 入学準備金の募集要項についてですが、年2回配布しております。10月から申請受け付けのものにつきましては非課税世帯に限定をして、特に経済的に苦しい方を優先して受け付けしまして、1月からの入学準備金の募集要項につきましては非課税世帯等の募集資格は限定しておりませんので、全ての方が対象になっております。

    ただ、議員ご指摘のとおり、例年推薦入学は早い時期に入学資金が必要となる方もいらっしゃいますので、今後資格要件につきましては、近隣他市の状況や他の貸し付け制度の取り扱いなどを調査研究してまいりたいと考えております。

    【橋本】 今後資格要件について調査研究していくとのことですので、来年度から何とか対象を拡大し、経済的に困っている人が安心して借りられるようにしていただくことを強く要望いたします。

    はしもと和子よりひとこと

    毎年のように、奨学金について使い勝手が悪いとの相談を受けていましたので、何回か議会で取り上げてきました。 入学が決まった方は、まずは、その学校に奨学金制度があるか確認し、あればそちらを利用することを勧めますが、ない場合などは、こちらをご利用ください。 何かあれば、お気軽に声をかけてくださいね。

    船橋市入学準備金貸付制度についての詳細はPDFまたは船橋市のホームページをご覧下さい

    船橋市入学準備金貸付制度(PDF)船橋市|入学準備金貸付制度(推薦入学者用)http://www.city.funabashi.chiba.jp/kodomo/teate/0005/p008679.html

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ