船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「えんぴつ記念日」ご存じですか?

    2020年05月05日

    1886年5月2日に日本で初めて、えんぴつの製造が始まり「えんぴつ記念日」となったそうです。

    明治時代のことだそうですが、私は今回初めて知りました。

    世界では、1560年代、イギリスの鉱山で良質の黒鉛(純粋な炭素からなる鉱物)が発見され、その黒く、なめらかな性質が注目され、細長く切って、握りの部分をひもで巻いたり、木で挟んだりして筆記具として使ったものが、えんぴつの原型だそうです。

    その後、改良が重ねられ、粘土に黒鉛を混ぜ、これを焼き固めて芯を作る方法が考え出され、現在に至っています。

    えんぴつの芯は、黒鉛と粘土を混ぜる割合によって、硬いものから柔らかいものまであります。

    例えば、普段使うHBは、黒鉛約70%に対し粘土約30%。

    黒鉛の量が多いほど濃く軟らかな芯になり、粘土の量が多いほど薄く硬い芯になります。

    日本の規格では、芯の硬度は、6Bから9Hまでの17種類。

    軟らかい芯は「lack(黒い)」の頭文字「B」

    硬い芯は「ard(硬い)」の頭文字「H」

    HとHBの間に「F」がありますが、これは、「irm(引き締まった)」の頭文字

    このように沢山の種類があるとは知りませんでした。

    私が、子どもの頃は、小学校に入学する時は、2Bを使っていました。

    中学生ごろに、HBで、ほとんど今でもHBを使っています。

    図工の時に、初めて4Bを使った時には、なんて軟らかいえんぴつなんだろうと思ったのを、今でも覚えています。

    高校生になると2Hで、なんとなく大人になったな~みたいな感じがしました。

    我が子たちも、2Bからスタートし、HB。美術などで、4Bや6Bを買った記憶があります。

    その時のえんぴつが今でも残っているので、時々、使っています。

    それが、孫が小学校に入学すると、2Bではなく、これを使うのでと、4Bとか6Bを学校からもらってきて、4年生になった今でも、4Bを使っています。

    書写で使うだけかと思っていましたら、そうではなく、普段から使っているのに驚きました。

    今の子達は、筆圧が弱いのでしょうか。

    時々、孫の宿題を見てあげるのですが、思わず、えんぴつを削ってあげたくなってしまうほど、丸くなったえんぴつで漢字のドリルをしているので、マスの中に入りきらない時があり、もう少し硬いえんぴつなら、きれいに見えるのかな~なんて思ったりしています。

     

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ