船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 笑顔になる言葉を掛けましょう。

    2018年03月23日

    子ども達にとって、待望の春休みがやってきました。

    桜も咲き始め、春がもうそこまでやってきています。

    登下校時には、スクールガードの方が見守りをしていますので、家のフェンスを手や傘でたたくようなことはないと思いますが、面白がって、いたずらをする場合もあります。

    そのような時、どうしますか。

    よその子に、いきなり注意するのは、抵抗があります。

    子どもは、知らない人から叱られるのを嫌がります。

    日頃から信頼関係があればいいのですが、そうでない場合は、ただ叱っただけでは、「怖い人」と思われてしまいます。

    どうすれば良いのでしょうか。

    例えば、フェンスを叩く子どもに、いきなり「やめてね」「たたかないでね」と言ってしまうと、優しく言ったつもりでも、単に「「文句を言われた」「やなおばさん」と思われてしまうかもしれません。

    そのような時は、「小さい子と一緒で偉いね」とか「みんな仲良しだね」「ランドセル重くない?」などと話しかけてみましょう。

    子ども達は、笑顔で何か言葉を返してくるかもしれません。

    その後に思い出したように「そうそう、音が響くから、おばさんのおうちを、叩くのやめてもらえないかな?」と言ってみましょう。

    いきなり注意されるよりも、ちょっといい気分になった後に言われると、素直になります。

    小さな子から思春期の子も、みな同じです。

    私たち大人は、自分の言っていることが正論であればあるほど、謙虚になって、注意をすることが大切です。

    偉そうに注意すると、自分もそうですが、かえって聞く耳を持たなくなります。

    「~してもらっていいかな?」と謙虚な言い方で、注意することをお勧めします。

    地域の子ども達と距離を縮めるには、「先に話しかけること」がポイントです。

    話しかけるきっかけは簡単な誉め言葉を。

    「上手にかけてるね」「きれいな色だね」「いい返事だね」「カッコいい服きているね」

    子どもにとって当たり前のようなことでも、褒められると嬉しくなります。

    子ども達は、話しかけてくれることや褒めてくれることが、嬉しいのです。

    小さな子どもがかくれんぼや鬼ごっこをしていたら、短時間でもいいので一緒に遊んでみましょう。

    ゲームをしていたら「それ、何のゲーム?」と聞いてみるのもいいと思います。

    子どもは、自分が好きなものに興味を持ってくれる大人を好きになります。

    子どもに好かれるには、自分から好きになることが大切です。

    親とは違った目線で、地域の子ども達と関わる大人が増えることを期待します。

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ