船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 家庭は子どもの安全基地

    2017年01月30日

    家庭は子どもにとって一番身近な居場所。 
    家庭を子どもの安全基地にするために、どのような心掛けが大切なのか、立命館大学の安田裕子准教授と大阪教育大学の戸田有一教授の対談から、まとめてみました。

    家庭は子どもにとって一番身近な居場所

    【手が出るのは、不安が強いから】
    虐待というレベルまでいかなくとも、思わず子どもを厳しく叱ってしまうことは、少なからずあるかもしれません。

    例えば、小学校低学年の子どもが、家でなかなか宿題をせず、授業の復習ができていなかったとします。 親は、このままではいけないと焦り、嫌がっている子を叱りつけてでも、勉強をさせることがあります。 親が不安で一杯になり、ついつい手が出てしまう事もあります。

    幼い時は、力ずくで親の言うことを聞かせることができたかもしれませんが、子どもも成長していますので、いつまでもそんなことが続くわけがありません。 子どもは、勉強をやっているふりをしたり、力ずくで言うことを聞かせていると、力で反抗することを学んでしまいます。

    【問い掛けの工夫で、やる気に】
    勉強やお手伝いは、子ども自身も、やらなければいけないと、どこかで分かっているものです。

    親から「やりなさい」と先に 言われて、一気にやる気が失せたという経験はありませんか。 そんな時は、例えば、「勉強する?それともお手伝いする?」とか、「今やる?後でやる?」といった問い掛けにするのも一つです。

    問い掛けの工夫で、やる気に

    親から言われたら、気をなくすけれども、自分で決めたならやれるものです。また、本人が選択して行動したときは、大げさに「頑張ったね!」「お母さん、すごく助かったわ」など、声掛けをしましょう。日頃からのコミュニケーションが、子どものやる気を高めます。

    問い掛けの工夫で、やる気に

    【大人の振る舞いを、まねる】
    昔から世の中の一部に「口で言っても分からない子には、手を出してもいい」という考えが、浸透しているように感じますが、それは間違いです。

    普段の人間関係で、言うことを聞いてくれないからと言って、友達や上司をたたいたら言うことを聞いてくれたなんてことはあり得ませんよね。 それなのになぜわが子にだけ、それが可能であると、どうして思うのでしょうか。

    「子どもが大人の振る舞いをまねる」といったことに焦点をあてた行動心理学の実験があります。

    ケガをして困っている人に援助する大人の様子が映し出されたビデオを見る子どもと、ケガをした人がいても援助をしない大人が映し出されたビデオを見る子どもと分けます。 実際にケガをした大人が来たときに、どのような行動をとるのか。

    援助する大人のビデオを見ていた子どもは、ケガをした大人に「どうしたの?」と援助しようとしたのに対し、援助しない大人のビデオを見ていた子どもは、ケガをした人に気をとどめることなく、遊んでいた、という傾向が見られたそうです。

    大人の振る舞いを、まねる

    この実験からも、大人の振る舞いを見て、子どもは自分の行動を学んでいます。

    しつけのために子どもに暴力を振るっていると、結果として子どもに「腹立たしい時は、相手に暴力を振るっていい」という考え方を伝えてしまっていると言えます。 大人の振る舞いが子どもにどれほど影響を与えているのか、深く自覚しておいたいものですね。

    子育てに悩みは付き物です。
    ついつい、子どもに手を出してしまったり、子育てがつらくなった時は、一人で悩まずに、誰かに相談しましょう。

    一人で悩まずに、誰かに相談しましょう

    児童相談所は、発達障害を含め、子育てに関する悩みを聞いてくれます。
    専門家が対応しますので、迷わず、『189』に電話をしましょう!

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ