船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 平成29年4月から、母子健康手帳を配布する時に、保健師等による面接が行われます。

    2016年12月29日

    児童虐待防止に向けて、船橋市では、4月より、妊娠期からの個々の状況把握と妊婦の不安感や孤立感の緩和を図ることを目的に、母子健康手帳を交付する時に、保健師等による面接を行い、その後も継続的な支援がおこなわれます。

    00953

    虐待の未然防止のため、保健師らが生後4カ月までの乳児がいる全ての家庭を訪問し、育児不安などの相談に応じる「こんにちは赤ちゃん事業」も行われていますが、妊娠期から、専門家に相談ができる体制が整います。

    また、虐待の背景には、親の孤立や産後うつなど、さまざまな要因が考えられることから、保健師などの専門家が、妊娠から育児までワンストップで切れ目なくサポートする「子育て世代包括支援センター(日本版ネウボラ)」の設置が求められています。

    20160415_neuvola

    望まない出産や、ひとり親となってしまう出産など、様々な悩みを抱え不安で一杯の方が多くいます。妊娠が分かった時から、保健師等専門家が、相談にのることにより、少しでも不安をやわらげ、安心して出産・育児ができるように、考えています。

    船橋市の場合、センターを設置するというよりも、今ある、子育て支援センターや保健センターなど多くの場所で、相談できる体制を作るように、関係部署と連携を密にしています。

    学校に上がっても、切れ目のない支援ができるように、母子保健・子育て支援・教育と連携していきます。

    189

    子育てに悩みは付き物です。近くに相談できる人がいない場合など、虐待の疑いが無くても、子育てに対して相談できるのが、児童相談所です。

    発達障害のことも相談にのってくれますので、ぜひ利用してみては如何でしょうか。

    一人で悩まずに、気軽に相談しましょう!

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ