船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • インフルエンザに注意しましょう!

    2016年10月11日

    めっきり秋らしくなってきました。

    00744

    船橋市内の幼稚園では、早くも、インフルエンザで学級閉鎖になった園があります。

    子ども達は、集団生活の中で、様々な病気に感染します。

    重篤化しないように、子どものちょっとした変化に気を付けて下さいね。

     【参考資料】

    インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、だるさ、筋肉痛、関節痛など全身症状が激しく、気管支炎や肺炎、中耳炎を起こすこともあります。まれに脳症を起こすこともあり、体力のない高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。また、家庭での自己判断による解熱剤の使用は重篤な症状を引き起すことがあります。

    特に乳幼児や高齢者、妊婦、糖尿病や腎臓病、免疫不全状態の人は症状が重くなりやすいので注意しましょう。

    感染を防ぐために以下のようなことに気を付けましょう。

    *予防接種を受けましょう。

    00668

    * 外から帰ったら、手洗い・うがいをしましょう。

    *マスク・部屋の加湿をし、のどの粘膜を加湿しましょう。

    * 十分な栄養と睡眠をとり、抵抗力をつけましょう。

    iwai_01_”_‹ÆE—”_

     かかったかな?と思ったら

    *マスクをして周囲に感染を広げないようにしましょう。

    * 解熱剤は自己判断で使用せず、早めに受診し、かかりつけ医に相談しましょう。

     00244

    咳エチケット―周囲の人にうつさないために

    *咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。

    *鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

    * 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

     

    ≪参考≫厚生労働省平成27年度今冬のインフルエンザ総合対策について

    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ