船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • ほめ方のヒント

    2014年03月08日

    新聞にこんな記事が載っていましたので、紹介しますね。

    ほめることの大切さはわかっていても、実際には、なかなかほめられないという声をよく聞きます。そういう人には、「部分をほめる」という方法です。

    00165

    例えば、子どもの絵を見て、「下手だな~」と思うことがあるかもしれません。でも、部分に注目すれば「山の色がきれいだね」「足がたくましく書けているね」などどほめることができます。

     iwai_01_”_‹ÆE—”_

    野球の試合の後は、「思い切りバッドが振れたね」「全力で走る姿がかっこよかった」「すごくいい声がでていたね」などとほめます。

    性格や行動の面でも同じです。至らない部分や苦手な事には目をつむって、ほめられる部分をほめましょう。

    でも、実際は、その反対にほめられる部分には目をつむって、至らない部分を見つけ出してとがめている人がほとんどです。親がこのような、あら探しの名人だと、子どもはたまりませんね。なかなか人をほめられない人は、ぜひ実践してみてください。

    簡単に、ほめると言っても難しいものですが、この記事のように、一部分をほめてあげることが出来れば、それは、素晴らしい事ですよね。子どもにとっても嬉しいものです。

    子育てだけではなく、大人社会でも、ほめられるのは、嬉しいですよね。

     00012

    そうは言っても、直してほしい部分も沢山あります。そういう時は、沢山ほめてから、直してほしい部分を伝えればいいと思います。人をほめるときは、自分の気持ちが、穏やかな時だと思います。人を攻めるときは、自分の気持ちがイライラしている時です。ほめることを身につければ、自分の気持ちが楽になります。

    人をほめると、自分のいいところも見てもらえ、ほめてもらえます。まず、自分から変わってみませんか?

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ