船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「銭湯ゆめぐりスタンプラリー2019」が開催されます。

    2019年01月14日

    銭湯ゆめぐりスタンプラリー2019


    寒い冬の日、体を芯から温めてくれる銭湯を巡る「ふなばし銭湯ゆめぐりスタンプラリー2019」が1月20日(日)から3月3日(日)まで開催されます。

    今年は七湯巡り、本中山の桔梗湯、滝の湯。南本町の紅梅湯。本町の湊町松の湯。浜町の浜町浴場。宮本の宮の湯。薬円台のクアパレスがスタンプラリーの開催銭湯となっています。

    全てを巡ると昨年大好評だったケロリン桶と銭湯オリジナルタオルのセットがもらえます(タオルは数量限定)。

    4ヵ所を巡れば銭湯ではお馴染みの牛乳石鹼「カウブランド赤箱」がもらえます。

    更に今年はPRイベントとして1月23日(水)から27日(日)まで船橋駅シャポー側改札前(午前10時~午後9時)にて郷土資料館に保管されている銭湯の備品(銭湯でお馴染みの体重計やのれん等)を展示して、スタンプラリーの台紙を配布します。

    スタンプラリーの台紙は参加している銭湯に置いてありますのでスタンプを集めながら、船橋の銭湯を楽しんでください。

    開催銭湯では、皆さんの参加をお待ちしています。日頃の疲れを癒してみませんか。

  • 金杉7-1 迅速に穴埋めをしてもらいました。

    2019年01月12日

    金杉7-1 県道夏見小室線の変形五差路を滝不動駅に向かう道路です。

    自転車で通る地域の方から、穴が空いていて怖いとのお話を受けました。

    直ぐに、道路維持課に連絡をし、穴埋めをしてもらいました。

    →  

    要望を受けてその日のうちに穴埋めをしてもらったことに、地域の方が大変驚いていました。

    スピード感を持って対応してくれる担当課に、いつもいつも感謝です。ありがとうございます。

     

     

     

  • 婚活ツアーの参加者を募集しています。

    2019年01月07日

    婚活ツアー参加者募集中!


    船橋市の若手男性農家と交流できる「船橋の素朴な農業男子と出会う婚活ツアー~出会いは苺いちえ~」を2月17日(日)に開催します。

    農業に興味のある20代から40代の独身女性の参加者を15名程度募集しています。

    今回は船橋のいちご農園を見学しながら一緒に苺を使ったスイーツづくりを体験していただく船橋ならでのは企画となっています。

    当日は船橋駅に10時に集合し、市内のいちご農家を見学します。

    お昼前に料理会場に移動し、旬の苺を使ったスイーツづくりを楽しんでいただくと共に指導してくださるシェフの料理も味わっていただきます。

    14時半からはフリータイムとなり16時に船橋駅で解散となる予定です。

    5年前のイベントで知り合いご結婚なさったカップルもあります。

    イベントを楽しむ感覚でご応募ください。

    参加費の2,500円は当日お支払いいただきます。

    応募は2月1日まで市のホームページからか農水産課までご連絡ください☎(047-436-249

  • 新春吉例の消防出初式が1月5日(土)に開催されます。

    2018年12月25日

    新春吉例の出初め式が1月5日(土)、船橋アリーナで開催されます(雨天実施)。

    第1部の式典は午前9時30分から開会、式典終了後、第2部の演技は午前10時45分頃から開始される予定です。

    式典では、日頃地域で活躍されている消防団員の入場行進の後、長年消防活動に貢献されてきた職団員の表彰が行われます。

    第2部の演技では、出初式を彩る勇壮な梯子乗りの妙技が子どもと大人に分かれて披露されます。

    消防職の激務をこなしながら練習を重ねてきた職員と市民音楽隊員で構成される消防局音楽隊が市立船橋高校ダンス部と共に初春を迎える華やかさを表現する演奏と演技も披露され、可愛らしい幼年消防クラブ鼓笛隊の演奏が華を添えます。

    場外のグランドでは新しい年に火災が発生しないことを願い豪快な消防の一斉放水が行われます。

    どなたでも自由にご来場いただけますので初春を祝う出初式、消防職団員の勇姿をご覧いただくためにも是非、ご来場ください。

     

  • 年末恒例の写真展「船橋2018」が開催されます。

    2018年12月17日

    写真展「船橋2018」

    2018年が間もなく幕を閉じようとしています。

    今年も船橋市には様々な出来事がありました。

    19日(水)から1月11日(金)まで、市役所1階美術コーナーで年末恒例の市の一年間の出来事を写真で振り返る写真展「船橋2018」が開催されます。

    広報課職員が今年撮影してきた船橋の姿約4万5千カットの中から、厳選した約50点の写真が展示されます。

    今年は1月の郷土資料館のリニューアルオープン、千葉ジェッツふなばしの天皇杯2連覇から始まり6月にはアメリカ男子体操チームが東京五輪に向けて市船で事前合宿、7月には小惑星「Funabashi」が誕生し、9月には船橋が舞台の映画「きらきら眼鏡」が公開されTOHOシネマズららぽーと船橋で観客動員数1位を記録、10月からは「健康ポイント」が始まり家庭系可燃ごみの収集回数が週2回へと変わりました。

    船橋の2018年がギュッと詰まった写真展、自分自身の1年間を振り返りながら楽しんでください

  • 電話de詐欺対策フォーラムが開催されます。

    2018年12月11日

    電話de詐欺対策フォーラム


    本年6月に船橋市は電話de詐欺被害非常事態宣言を行いましたが、市内の電話de詐欺による被害件数は10月末現在も県内ワースト1位と深刻な状況が続いています。

    対策として振り込め詐欺対策電話機等購入費の一部(1万円を上限に3/4)を補助していますので是非活用してください。

    また、22日(土)13時半から中央公民館講堂にて市、警察、市内の関係機関・団体が一体となり、課題や今後の被害抑止方法について意見交換等をする電話de詐欺対策フォーラムが開催されます。

    基調講演では千葉県警察本部生活安全部の平田惠二氏が「電話de詐欺の実態と手口 今日からできる!被害防止対策!!」と題して講演します。

    被害体験講話では「その電話、私はこうしてだまされた!」と題し、被害に遭いそうになった方から実際の体験談を伺えます。

    最後に「もう、だまされない!そのために・・・」をテーマにパネルディスカッションが行われます。

    電話de詐欺への意識を高めるために是非ご来場ください。

  • 使用済み紙おむつの処理について、介護施設に現状を伺いました。

    2018年12月09日

    環境省では、介護が必要な高齢者が増加する中、使用済み紙おむつのリサイクルに向けたガイドラインを作成する方向となりました。

    企業や自治体などを集めて検討を行い、2019年度中にガイドラインを公表し、使用済み紙おむつのリサイクルを進める考えです。

    会派で、以前より、使用済み紙おむつのリサイクルについて、取り組んできました。視察の様子は、以前のブログをご覧ください。

    12月7日(金)市内の介護施設を訪問し、現状を伺ってきました。

    この洗濯機は、特殊なもので、便や嘔吐物があっても、溶かして排水に流せるそうです。

    今までは、手洗いで、下処理をしてから、洗濯機に入れていました。

    おむつ交換をした後は、できるだけ臭いが出ないように、ビニール袋に入れてから、45リットルのゴミ袋に入れます。

    尿の量により一袋の重さが違いますが、重たいものでは、15キログラム以上になります。持ってみましたが、女性にとっては、かなり重く感じました。

    介護現場で働く方は、大半が女性なので、ご苦労されていると思います。

    この介護施設では、定員80名ショートステイ8名で、紙おむつの購入は、月5,500枚だそうです。ほとんど毎月購入するので、これだけ使用されていることになります。

    一般廃棄物として処理されますが、月13万円~15万円位かかっているそうです。(他のごみも含む)

    介護施設では、トイレに座って排泄を促すことが、介護の基本と教わりました。

    トイレに、手すりなどが工夫されていました。

    環境省が使用済み紙おむつのリサイクルについて、動きだしたことは、すごいことだと思います。

    以前、伯耆町に視察に行ったときに、町長さんが、ガイドラインを作成する委員になっていると言われていましたので、来年度ガイドラインができることを楽しみにしています。

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ