船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「ふなばし9路線鉄道スタンプラリー」が開催されます。

    2019年08月05日

    ふなばし9路線鉄道スタンプラリー

    今年で4回目となる「ふなばし9路線鉄道スタンプラリー」が8月10日(土)から9月7日(土)まで開催されます。

    今年も各駅で異なるデザインの船えもんスタンプを25駅分集めるだけでなく、チャレンジクイズも用意されています。

    全てのスタンプを集め、クイズの答えを書き込んだら、ゴール記念のスタンプを押しに、船橋駅南口のインフォメーションセンターへ!

    クイズに全問正解していれば先着500名に9月7日(土)10時から、船橋駅北口おまつり広場で開催されるフィナーレフェスタで文房具などの鉄道会社グッズがもらえます。

    また13駅以上のスタンプを揃えた方も船えもんグッズがもらえます。

    先着500名に入れなかった方でも全てのスタンプを揃えると、船えもんがデザインされたオリジナル記念メダルと認定証が贈呈されます。

    フィナーレフェスタ後も13日(金)まで市役所で商品交換を行いますのでこの夏も市内の駅を巡ってみてください。

     

  • 前原西8-20付近の道路補修をしてもらいました。

    2019年08月04日

    前原西8-20付近の道路です。

    ミニ開発が行われている関係なのか、アスファルトが剝がれています。

    写真の手前は、緩やかな上り坂ですが、車がスリップするような感じで、雨が降ると危険なので、補修をしてほしいと、ご近所の方からご要望を受けました。

    担当課へ連絡をし、直ぐに補修をしてもらいました。

    素早い対応に、とても喜んでいました。

  • 取掛西貝塚遺跡見学会が行われます。

    2019年07月30日

    取掛西貝塚遺跡見学会


    平成29年度から3か年の計画で、学術調査を実施してきました約1万年前(縄文時代早期前半)の遺跡である取掛西貝塚の遺跡見学会が8月10日(土)午前10時から11時半まで現地で行われます。

    参加費無料、申込み不要で当日は随時受付を行い説明をします。

    雨天の場合は翌週17日(土)の実施となります。

    遺跡現地は畑の中ですので動きやすい服装、靴で参加ください。

    また、当日は大変な暑さが予想されますので、帽子や飲み物もご持参ください。

    現地には駐車場・駐輪場はありませんので、公共交通機関を利用してご来場ください。

    今回の調査では、遺跡の将来的な保存・活用ができるよう、一部の竪穴住居を床面まで掘り下げて、住居の構造を詳しく調べる予定です。

    これまでの調査結果は第1次~第7次発掘調査概要報告書としてホームページで公開していますのでご覧ください。

    今年が最後となる貴重な遺跡見学の機会ですので、ぜひご参加ください。

  • こどもちゃれんじ・初代編集長「水野次郎」氏のイブニングセミナーに参加しました。

    2019年07月29日

    7月28日(日)松戸市東倫理法人会主催のイブニングセミナーに参加しました。

    講師は、ベネッセコーポレーションの『こどもちゃれんじ』の初代編集長で、『しまじろう』を開発した「水野次郎」氏です。

    2009年には、民間人校長として千葉県教育委員会に採用され、中学・高校の校長を9年間勤め、現在ではキャリアコンサルタントとして、大学や高校に勤め、学生や生徒のキャリア支援を行いながら講演会活動等、活躍されています。

    『しまじろう』が生まれるまでの経緯を通して、さまざまなことを教えてもらいました。

    『しまじろう』はなぜ、とらでなければならなかったのか。幼児が好きな動物は、男の子は、象やライオンなど大きな動物。女の子は、犬や猫、うさぎなどかわいい動物。その中には、とらは下位であったそうですが、考えても答えが出ないことは、直接、幼稚園に足を運び、子ども達に選んでもらったそうです。⇒現場主義。

    トップダウンではなく、みんなの意見を聞き、知恵を出し合う。⇒ファシリテーションが大事。教育者や時代の最先端に求められている。

    専門知識・市場調査・保護者理解・子ども観察などコンセプトをもとに、意見を引き出すことが、大切。

    作者や画家など、一流の人は、お金に困っていないので、コンセプトが伝われば、協力をしてくれる。

    ある画家の言葉です。「人の命と草花の命とは、全く同じ重さである。自然は美しいから美しいのではなく、愛するから美しいのです。」

    今、なぜコミュニケーション能力が求められているのか。

    日本人の表現は、とても豊かで、奥行きがあります。

    生活習慣の変化で、「話す・聞く・書く」が変化をしている。

    コミュニケーション阻害語で、「ムカつく・うざい・チョウ~・やばい」等、自分の気持ちを表しているが、相手との適切な関係を築くには、網の目が粗い。

    情緒や感情を豊かな言葉で取り交わす必要がある。

    価値観の多様性の今日では、権威的なリーダーシップでは、ダメである。

    問題が高度化・複雑化しているため、特定の専門知識だけではなく、複数の専門性を掛け合わさないとダメである。

    そのためには、人々の能力を最大限に引き出す、ファシリテーションが求められている。

    『しまじろう』が生まれるまでを通して、求められている事、何が必要なのか、とても勉強になりました。

    私自身も、様々な考えや意見を持つ方と対話をする中で、コミュニケーション能力を向上させなければならないと思いましたし、さらには、それぞれが持つ能力をいかにして最大限引き出すことができるのか、学びました。

     

     

     

     

  • 「みまもりあいプロジェクト」が始まります。

    2019年07月22日

    「みまもりあいプロジェクト」開始


    認知症高齢者等の行方不明者捜索のためのスマートフォン用行方不明者捜索支援アプリ「みまもりあいアプリ」を活用し、利用を広めていくことで、行方不明者の早期発見と家族への支援を進める「みまもりあいプロジェクト」が始まります。

    8月6日には、このアプリを開発した(一社)セーフティネットリンケージと「みまもりあいプロジェクトに関する協定」を締結します。

    行方不明者情報が寄せられると、市役所から半径20キロメートルの人を対象に、地域包括ケア推進課から捜索依頼がアプリ登録者に届き、性別・身長・体重などの特徴、衣服や持ち物などの情報が伝えられます。

    行方不明者を発見した場合には、アプリを通じて電話をすることで警察につながり、捜索依頼者へと情報が届きます。

    早期の捜索には多くの方に協力いただくことが大切です。

    是非、このアプリに登録してしていただき市民同士が見守り合える「互助のまちづくり」にご協力ください。

  • 「SNS相談@ちば2019」がこの夏スタートします!

    2019年07月17日

    千葉県教育委員会では、LINを活用した相談窓口が試行的に開設されます。

    対象は、県内高校に通学する高校生です。『国公私立高等学校・特別支援学校(高等部)』

    期間は、令和元年7月20日(土)~9月3日(火)17時~21時までです。

    相談内容は、いじめ・不登校・友人関係・家族関係・性に関することなどで、専門の相談員が対応します。

    相談するには、LINEの公式アカウントを友だち登録する必要があり、学校を通して、19日までに、カードが配布されます。

    学校から配布されたカードから、友だち登録し、相談ができるようになります。

    カードが配布されるときには、先生から説明を受けます。

    欠席をしている生徒にも、家庭訪問や、個人面談など何らかの方法で、手渡しすることになっていますので、19日までに、連絡がない場合には、遠慮せず、学校に問い合わせをしてください。

    電話相談では緊張してしまうといった声や、親や先生に相談しにくいなどの声もあり、気軽に相談できるSNSを活用した相談窓口の設置を、全国的に公明党で取り組んできました。

    船橋市においても、SNSを活用した相談窓口の設置を取り上げてきましたが、実現には至っていませんでしたが、仲村ひであき県会議員が県で取り上げてくださり、今回、高校生を対象に、実現しました。

    高校生が悩みを打ち明けることができる環境づくりが大切です。

    いじめや不登校等の未然防止や早期発見につながります。

    高校生のみなさん、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

  • 飯山満町2丁目628付近にカーブミラーが設置されました。

    2019年07月10日

    飯山満町2丁目628付近のT字路に、カーブミラーを設置していただきました。

    住宅街の道路ですが、狭いため、見通しが悪く、怖い思いをしたという、ご近所の方からのご要望を受け、設置のお願いをしていました。

    カーブミラーが設置され、大変に喜ばれています。

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ