船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 金杉3丁目まちかどスポーツ広場付近にカーブミラーが設置されました。

    2019年04月06日

    船取線の抜け道として、朝晩交通量が増え、カーブミラーの設置を要望を受けていました。

    昨年度末に、設置されました。

     

  • 前原西8-10手すりが設置されました。

    2019年04月05日

    前原西8-10付近の階段に、手すりが設置されました。

    ご近所の方から、階段の上り下りが大変になり、手すりが欲しいとの要望を受けました。

    階段の段差がまちまちのため、特注品です。

    早速、喜びの声が届きました。

  • 「船橋市東消防署古和釜分署・船橋市消防訓練センター」が4月にオープンします。

    2019年03月27日

    14署目となる「船橋市東消防署古和釜分署・船橋市消防訓練センター」が、4月にオープンします。

    今日は、内覧会が開催され、参加しました。

    平成29年度から2カ年計画で、建設が始まり完成しました。

    出動準備室です。3交代なので、防護服などが一式が掛けられるようになっていて、回転式で3面あります。

    3交代なので、仮眠室のベッドの下は、3人分の物入となっていました。

    これは、出動から戻った後の、ホースを干す場所だそうです。汚れを落とした後、かけて干すのだそうです。

    1階に、仮眠室や出動準備室があるのは、市内初だそうです。他の署では、2階にありますが、ここでは降りる手間がなく、準備が整い次第、すぐに、出動ができます。

    訓練棟C棟は、救出活動を訓練しますが、迷路室があり、暗闇の中での訓練も行うそうです。

    訓練棟B棟は、火災訓練で、実火災訓練室がありました。

    はしご車などによる高所救出訓練、実際に煙を使用した火災想定訓練、迷路室等を使用した人命検索訓練などの他、今まで行えなかった大規模な訓練ができるようになりました。

    また、町会・自治会や自主防災組織、小・中学生の体験型訓練もできます。

    訓練センターを大いに活用し、消防職団員の皆様の災害対応能力が向上することを期待するものです。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 船橋招待U-18サッカー大会が開催されます。

    2019年03月26日

    船橋招待U-18サッカー大会


    毎年市立船橋高校サッカー部が主管となって開催される船橋招待U-18サッカー大会が第24回目として3月29日(金)から31日(日)までグラスポ法典グラウンドとタカスポ(高瀬下水処理場上部運動広場)等を会場にして行われます。

    毎年全国から屈指の強豪校やJリーグ・ユースが参加して行われるこの大会、今年も全国高校サッカー選手権大会常連校の東福岡高を始め、前橋育英高、京都橘高、矢板中央高、桐光学園等強豪15チームが参加します。

    試合は2日間のランダムリーグ戦とその結果を考慮した最終日の対戦が行われ3日間の結果で順位が決定します。

    市立船橋は3日間ともグラスポで対戦を行い、29日は9時半から名古屋グランパス・ユースと、14時半から徳島ヴォルティス・ユースと対戦、30日は9時半から京都橘と14時半からベガルタ仙台・ユースと対戦します。

    各試合、入場料は無料。

    各試合の詳しい内容は市立船橋高校のホームページをご覧ください。

     

  • 飛ノ台史跡公園博物館で「日本の美を今に活かした作品展」が開催されます。

    2019年03月19日

    日本の美を今に活かした作品展


    毎年「日本の美」をテーマに、縄文土器をはじめとする様々な日本の美しいものと出会い、学習した成果を陶芸作品や型染め、拓本を利用した貼り絵などの作品にした展示する「日本の美を今に活かした作品展」が、飛ノ台史跡公園博物館で4月7日(日)まで開催されています。

    今年は第8回、高根台中学校の美術科とも連携授業を行い飛ノ台史跡公園博物館・海神中学校・高根台中学校の合同展となりました。

    飛ノ台貝塚の遺物の多くが出土した海神中学校では1年生の授業で博物館所蔵の縄文土器を教材として活用し、館職員が土器の解説を行って素焼き風粘土作品を、美術部員はランプ作品を作成しました。

    高根台中学校では1年生が館所蔵の縄文土器を活用し陶芸作品を、2年生は土器片を教材として活用し型染めの布巾を、3年生は土器片の拓本を採り貼り絵を作成しました。

    24日(日)、31日(日)の午後2時からは両校の芸術部員による展示作品の解説が行われます。

    作品展をご覧いただくには博物館への入館料が必要です。

     

     

  • 飯山満町2丁目 道路の穴埋めをしてもらいました。

    2019年03月18日

     → 

    飯山満町2丁目 コスモ津田沼グレイスシティ前の道路の穴埋めをしてもらいました。

    土曜日に、ご近所の方から、連絡をもらい早速現場に。

    車がすれ違う時に、穴の上を通るため、小石が散らばっていました。

    月曜日に、道路維持課へお願いをし、穴埋めをしてもらいました。

     

  • 「世界の国からこんにちは」国際理解セミナーが開催されます。

    2019年03月10日

    国際理解セミナー


    「世界の国からこんにちは」と題して開催されている国際理解セミナー、今回はカンボジア王国を紹介するセミナーが3月26日(火)午後6時半からきららホールで開催されます(入場無料)。

    東南アジアに位置し、アンコールワットが有名なカンボジア王国は、国旗にもアンコールワットが中央に描かれています。

    1970年代から長らく続いた内戦を経て1993年に現在のカンボジア王国が誕生しました。

    首都はプノンペン、国民の多くがクメール語を話すクメール人です。

    当日はウン・ラチャナ駐日特命全権大使による文化、観光、経済などについての講演があります。

    また、日本・カンボジア友好議員連盟会長の今村雅弘氏の講話と民族舞踊の披露も予定されています。

    参加申し込みは氏名(ふりがな)、電話番号、「国際理解セミナー申込み」と書いて、市国際交流協会事務局まで、FAX(436-2089)またはメール(firaoffice@gmail.com)でお願いします。

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ