船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • DV被害者への特別定額給付金(1人10万円)に対する対応方針が示されました。

    2020年04月24日

    特別定額給付金1人10万円について、コロナ禍(新型コロナウイルス感染症が招いた危機的、災厄的な状況をさす)

    緊急事態宣言の下、今は、国民一人一人が、一致団結して克服すべき状況です。

    医療現場や介護現場、更にはスーパーで働いている人や品物を作っている人、ゴミ収集の人など、多くの方が、不安の中、働いていることに敬意と感謝の意を表します。

    本当にありがとうございます。

    このような中、家計支援として、特別定額給付金が、支払われます。

    今後、各自治体から、給付金の申請書が世帯主あてに届きますので、もうしばらくお待ちください。

    現在、総務省に置いて詳細な手続きを検討しているところですので、決まり次第、市のHP等でお知らせがあります。

    詳しくは、総務省のHPをご覧ください。

    また、配偶者からの暴力等で、避難されている方がいます。そのような方達に対する支援をお伝えします。

    一定の要件を満たすDV被害者は、事前に被害を申し出れば、避難先の市区町村で給付が受けられます。

    ①配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている

    ②婦人相談所からの証明書などが発行されている(船橋市の場合は、配偶者暴力相談支援センター・女性相談室)

    ③住民基本台帳の閲覧制限など「支援措置」対象となっている

    ①~③のいずれかを満たすのが要件となっています。

    令和2年4月24日~4月30日までに、避難先の市区町村の窓口に、申出書を提出すると、配偶者から被害者の分の申請があっても給付されません。

    *令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」を提出することはできますが、あまり遅くなると、市区町村から申請書が発送されてしまいますので、ご注意下さい。

    お子さんなどの同伴者がいる場合は、同伴者についても、記載されていることなどが必要です。

    令和2年4月27日以降に、今住んでいる市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば市区町村において確認がとれるため、上記の書類は必要ありません。

    特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要がありますので、気を付けてください。

    詳しくは、船橋市のHPから、新型コロナウイルス感染症について(特設ページ)→暮らし・生活の支援(ピンクの枠)→特別定額給付金(仮称)について

    こちらに詳しく載っていますので、ご覧ください。

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ