船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 電子体温計の電池が不足しています。

    2020年04月17日

    今朝、高齢の方から、一本の電話がありました。

    「体温計の電池が切れたみたいで、動かなくなり、昨日、5件の薬局等に行き電池を購入しようとしたけれども、どこもにも売っていなくて困っている。どこに相談したらいいのか」という内容でした。

    体温計が売り切れ状態なのは知っていましたが、電池も品切れとは思いもよりませんでしたが、ご自宅まで行き、「急ぎでなければ、家電量販店で探してみますね」と伝え、体温計を預かり、数件の家電量販店に行ってきました。

    最初に行ったA店では、近隣の店舗にあるか確認をしてくれましたが、どこにも在庫がなく、5月半ば頃でもよければ、注文を受けると言われました。

    B店では「今はどこに行っても売り切れですね。いつ入荷するかわかりません」

    C店でも「在庫はありません」すかさず、「他の店舗にありませんか」と確認をお願いしたところ、市内にある他の店舗に数個あることがわかり、行ってきました。

    いつもなら、賑やかな大型ショッピングセンターですが、多くのお店が休業していて、食料品店と家電量販店が開いているだけでした。

    電池だけを購入し、直ぐにお届けに行きました。

    ご自分でも、家電量販店に電話をし、在庫が無いと言われ、あきらめていたところでしたので、大変喜んでもらえました。

    トイレットペーパーやティッシュペーパーは、在庫があるので、買いだめしないようにと、TVでも盛んに言われていますが、まさか、電池が品切れとは思いませんでした。

    また、自分自身、体温計を数年前に購入してから、ほとんど使用していなかった物ですから、電池切れの心配をしていませんでしたが、今回のことで、意外な物も品切れになるのだと感じました。

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ