船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 南部清掃工場の内覧に行ってきました。

    2020年02月10日

    2月10日(月)4月1日から本格稼働する南部清掃工場の内覧に行ってきました。

    現在の南部清掃工場は、平成元年に稼働し、老朽化が進み平成28年に建て替え工事が始まりました。

    旧南部清掃工場の処理能力は、一日375トンの可燃ごみを処理していましたが、新しくなった南部清掃工場は、一日339トンとなりました。

    これは、資源ごみの分別化により、可燃ごみが減少しているからです。

    また、各地で災害が起こった時にも、災害ごみの受け入れ対応ができるように、余裕をもって作られています。

    昨年の台風被害のごみも船橋市では、受け入れています。

    ごみの収集が終わったパッカー車の洗車場です。ここで、一日の汚れをきれいにし、次の日に臨みます。

    南部清掃工場は「さざプラ」と呼び、北部清掃工場は「めぐプラ」と呼びます。

    入口を入ると、見学者ように様々なパネル展示がされています。

    分別の仕方が一目でわかるようになっています。

    1.可燃ごみ・・・燃やせる物

    2.不燃ごみ・・・包丁や割れたカップなど

    3.資源ごみ・・・ビン・缶・針金ハンガーなど

    4.ペットボトル・・・再びプラスチックになるペットボトル、蓋やラベルは剥がします。

    5.有価物・・・新聞や雑誌、包装紙などの雑紙など

    6.小型家電・・・小さな家電や電子製品など

    7.粗大ごみ・・・大きすぎて、可燃ごみや不燃ごみとして出せないもの

    海洋ごみも忘れてはいけません。

    働くごみの収集車

    南部清掃工場は、夜間収集地域のごみが集まってきます。

    昼間の収集地域は、北部清掃工場に持っていきます。

     

    数字と白線の中に収集車が停まり、ごみが捨てられます。

    捨てられたごみを、クレーンゲームのような(?)クレーンで、ごみをかくはんし、ごみ袋を破くのだそうです。

     

    異常があればすぐにわかるようになっています。

    海の近くなので、景色がとてもいいです。

    太陽光パネルも、もちろんあります。

    左側には、三番瀬環境学習館が見えます。

    SDGsの取り組みも紹介されています。

     

    我が家から出たごみの行方を分かりやすく示されています。

    ごみ処理場に運ばれてきたごみの流れを、3Rのキャラクターが紹介。

    3Rとは、リデュース(ごみを出さない)・リユース(何度も使い回そう)・リサイクル(生まれ変わらせよう)です。

    3人のキャラクターは、それぞれ、リデュ君・リユちゃん・リサちゃんです。

    リサちゃんはよく知られていますが、リデュ君・リユちゃんも忘れずにね!

     

    工場から出てくるものが分かりやすく説明されています。

     

    実際にはこのようになっています。

    一通り説明を受けた後は、ごみの分別がきちんとできるか、30秒で、燃えるごみを分別し、収集車の中に入れます。

    意外と30秒というのはあっという間で、考えているうちに、30秒たってしまいました。

    南部清掃工場は、可燃ごみ処理施設です。

    他のごみのことや環境の事などを知るために、近くの三番瀬環境学習館や西浦資源リサイクルセンター・下水処理場などにも、足を運んでみるといいですね。

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ