船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 四市複合事務組合「しおかぜホール茜浜」施設内覧会に行ってきました。

    2019年09月26日

    四市複合事務組合(船橋市・習志野市・八千代市・鎌ヶ谷市)において、平成29年度より整備工事を進めていた、第2斎場「しおかぜホール茜浜」が、間もなく完成し、10月8日(火)供用開始となります。

    一足先に、内覧会に行ってきました。

    302台の駐車場。地上2階(PH1階)鉄筋コンクリート造一部鉄骨造で、とても広々とした施設です。

    供用開始となってしまうと見ることができない  火葬炉の中です。

     

    1炉室に3炉あり、時間差で炉を使用するため、波型の白い扉がスライド式になっているため、他の炉を見ずに最後のお別れができます。

    馬込斎場では、15基あり、重なった時は、全て見えていますが、ここでは、静かにお別れができます。

    この様な炉室が5室あり、合計15基となりますが、供用開始時は、12基だそうです。

    馬込斎場では、大型炉5基、普通炉10基ですが、しおかぜホール茜浜は、超大型炉3基、大型炉12基

    棺のサイズも、(縦220㎝×横70㎝×高さ60㎝)から(縦240㎝×横80㎝×高さ65㎝)と大きくなっています。

     

    収骨ですが、左側は炉から出した状態ですが、収骨するのにとても熱く、火傷の恐れもあるため、ステンレスのトレーに移してから、収骨するそうです。

     

    炉の裏側です。

     

    遺体保管室ですが、左側上下の2室が超大型用です。合計12体収容可能です。

    火葬棟1階の様子です。とても広々としています。

    2階は、待合部門となっていて、会葬者の動線を短くまとめてあるのが特徴です。

     

    式場部門では、アプローチの面して4つの式場があり、各式場の利用者動線や運営のための業者の動線は、交錯することなく利用できます。

    祭壇も用意されていますが、それぞれの式場に移動できます。

    2階のロビーからは、東京湾が一望できます。

     

    待合用に、キッズスペースも用意されています。

     

    キッズ用のトイレ(左側)も。

    オストメイト用もあります。オストメイトとは、癌や事故等などにより、消化管や尿管が損なわれたため、腹部などに排泄のための開口部(人口肛門・人口膀胱)を造設した人のことをいいます。

    外に、トイレもあります。

    海沿いには、遊歩道も整備されていました。

    とても素晴らしい第2斎場でした。

    四市複合事務組合の第1斎場は、馬込斎場ですが、今後、大規模改修が予定されています。

    令和3年3月末に工事予定だそうです。

    その時には、式場は使えなくなります。火葬炉は、不足する可能性があることから、一部の炉を利用しながらの工事を予定しているとのことです。

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ