船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 使用済み紙おむつの処理について、介護施設に現状を伺いました。

    2018年12月09日

    環境省では、介護が必要な高齢者が増加する中、使用済み紙おむつのリサイクルに向けたガイドラインを作成する方向となりました。

    企業や自治体などを集めて検討を行い、2019年度中にガイドラインを公表し、使用済み紙おむつのリサイクルを進める考えです。

    会派で、以前より、使用済み紙おむつのリサイクルについて、取り組んできました。視察の様子は、以前のブログをご覧ください。

    12月7日(金)市内の介護施設を訪問し、現状を伺ってきました。

    この洗濯機は、特殊なもので、便や嘔吐物があっても、溶かして排水に流せるそうです。

    今までは、手洗いで、下処理をしてから、洗濯機に入れていました。

    おむつ交換をした後は、できるだけ臭いが出ないように、ビニール袋に入れてから、45リットルのゴミ袋に入れます。

    尿の量により一袋の重さが違いますが、重たいものでは、15キログラム以上になります。持ってみましたが、女性にとっては、かなり重く感じました。

    介護現場で働く方は、大半が女性なので、ご苦労されていると思います。

    この介護施設では、定員80名ショートステイ8名で、紙おむつの購入は、月5,500枚だそうです。ほとんど毎月購入するので、これだけ使用されていることになります。

    一般廃棄物として処理されますが、月13万円~15万円位かかっているそうです。(他のごみも含む)

    介護施設では、トイレに座って排泄を促すことが、介護の基本と教わりました。

    トイレに、手すりなどが工夫されていました。

    環境省が使用済み紙おむつのリサイクルについて、動きだしたことは、すごいことだと思います。

    以前、伯耆町に視察に行ったときに、町長さんが、ガイドラインを作成する委員になっていると言われていましたので、来年度ガイドラインができることを楽しみにしています。

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ