船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • ふれあいキャンプの様子を見学しました。

    2018年08月19日

    8月17日(金)一宮少年自然の家で行われている、「一宮ふれあいキャンプ」の様子を見学しました。

    長生郡一宮にある船橋市立一宮少年自然の家には、多くの児童生徒が利用しています。

    夏休みには、家庭の中に閉じこもりがちで外出の経験が少なく、社会性に乏しい児童・生徒など、3泊4日のキャンプ生活を体験させ、成功感、達成感を味わわせて、社会性や自主性、自立性を培うことを目的として、青少年センター、総合教育センター、指導課、教員を目指す大学生ボランティア等多くの方が関わっています。

    海が近いことから、昨年から、ウォークラリーをやめ、サンドアートが行われています。

    スライム・・・水をたくさんかけ、とても滑らかなスライムです。目は、貝殻をちりばめています。

    クジラ・・・何ができるのか見ていましたら、今にも泳ぎだしそうな、クジラでした。枝を使って、水が吹き出しています。

    バス・・・周りにはバス停もあります。海に続く道も最後に描き、今にも動きだしそうです。

    新幹線・・・海からやってきたような感覚になりました。線路もあり、貝殻を上手に使っていました。

    4班に分かれ、皆で協力しながらの作品です。最初は何ができるのだろうかと思っていましたが、どれも素晴らしい作品が出来上がりました。

    それぞれの作品を前に、誇らしげに写真を撮ってもらっていました。

    終わった後は、スイカ割りも行われました。

    午後からは、キャンプファイヤーの準備。

    歌や、各班の出し物の練習が行われ、6時15分から、キャンプファイヤーが盛大に行われました。

    先生や私たちも一緒になり、フォークダンスを踊りました。

    最後に、火がともされ、友とは、と考えながら、しばらくの間、静寂な時間が過ぎました。

    参加した児童・生徒も何かを感じとれたことと思います。きっとこれからの人生にプラスになることでしょう。

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ