船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 市立船橋高等学校60周年記念式典・記念講演に参加しました。

    2018年02月02日

    1月31日(水)船橋市立船橋高等学校の創立60周年記念式典が全校生徒とともに、開催されました。

    市長はじめ多くの来賓のご挨拶や生徒代表挨拶など行われました。

    記念講演では、市船出身でスポーツ庁長官の鈴木大地氏を迎えて、「後輩諸君へ」~2020東京オリンピック・パラリンピックに思う~と題し、水泳の背泳ぎでソウル五輪金メダルを獲得した時の様子から、その後の自分自身の戦い、挫折などを話して下さいました。

    生徒達に、一つのスポーツをやり続けるのも大事だが、色々なスポーツに挑戦していくことが大事だと言っていたことが印象的でした。

    アメリカでは、ラグビーやバスケット、水泳等季節ごとに色々なスポーツを行っている中で、自分にあったスポーツを続けているそうです。

    聖火ランナーをした時の聖火トーチを持参し、生徒一人ひとりに、手に取ってもらうようにしていましたが、生徒にとって、忘れがたい出来事になったのではないでしょうか。

    記念講演が終了した後は、建て替えをしていた第3体育館のお披露目です。

    吹奏楽部の「吹劇」と体操競技部の演技披露が行われましたが、予定があり、見ることができませんでした。

    1月23日に、内覧会が行われましたので、その時の写真で、紹介します。

    鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造で、地上2階・地下2階です。

    体操関連の設備を充実させ、2020年のオリンピックに出場するアメリカの男子体操チームの事前練習会場になります。

    楽しみです。

    思った以上に柔らかく、歩くのが困難です。

    私の体重が重くて、沈んでいるわけではなく、ケガをしないようにクッション性を良くしてあるそうです。

    国際体操連盟公認の最新器具が備えられています。約1250平方メートルです。

    空調、照明設備も国際大会の基準を満たし、国内最新鋭の体育館です。

    ここから、今まで以上に多くの体操選手が羽ばたいていくことでしょう。

    手前のアイボリーのところは、固いというか、沈みません。

    3年生が、卒業間近なので、授業で使用しているそうです。

    地下の多目的ホールは、防音設備を備え、吹奏楽部が練習できるようになっています。

    奥の、茶色の所は、可動式のひな壇です。

    全校生徒、1200名が一堂に会する事ができ、校長先生によると、数日前に全校集会を行ったそうです。

     

    地下は、吹き抜けの多目的ホールですが、地下1階・2階には、個別に練習ができるように、防音に工夫が凝らされた、通常の倍以上厚みがある扉の多目的室が8室あります。パート練習ができます。

    至る所に、工夫がされている体育館です。

    アメリカ男子体操チームの事前合宿が、今年の6月から本番までの間に、3回使用することが決定しているそうです。

    生徒の皆さんが、これから使用する中で、真の生きる力を育んで欲しいと思います。応援しています。

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ