船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「船橋市郷土資料館」がリニューアルオープンしました。

    2018年01月28日

     

    薬円台にある船橋市郷土資料館が、約3年にも及ぶ改修工事が終わり、1月28日(日)リニューアルオープンしました。

    8時40分より、リニューアルオープン式典が開催され、薬円台小学校の児童2人を含め、市長・議長・教育長・地元町会長によるテープカットが行われました。

    私も、文教委員長として、式典に参加をさせて頂きました。

    2階の第1展示室では、デジタルコンテンツで、画面に触れると、

      

    床と壁に、地図とイラスト、資料写真が投影され、船橋の歴史ガイダンスが見れます。

    タイムスリップゲートで、市の歴史の概要がイラストで見ることができます。

    これは、イラストレーターさんと学芸員の方が、かなり議論を交わしながら、細かいところまで、こだわったそうです。

    これを見るだけでも、船橋市の移り変わりが良く分かります。

    船橋の歴史を語るのに欠かせない「馬たちの風景」があります。

    現代のサラブレットと中世馬を比べてあります。

    船橋で発掘された石器・土器など考古資料が展示されています。

    実際に使われていた道具類が展示されています。

    漁師が着ていた漁師半纏は、とても小さく感じられますが、漁をするのには、体にぴったりしている方がいいのでしょうか。それとも、人が小さかったのでしょうか。実際に見て下さい。船橋は海苔が取れますが、海苔下駄も展示されています。

    講座で読む古文書なども展示されていますが、ほとんど読めませんでした。

    この他にも、鉄道網の発達や都市の発展など、子どもも大人も楽しんで見ることができます。

    所々に、デジタルコンテンツがあり楽しめます。

    3階の第2展示室では、企画展・特別展が開催されます。

    今回は、「ちょっと昔と今×居間@郷土資料館」が3月11日まで開催されています。

    1950年~80年代にかけてのどこか懐かしい「昭和の居間」が再現されています。テレビで見かけるちゃぶ台があります。

    おばあちゃんの家にもあった井戸ポンプが展示されていました。

    子どもの頃、おばあちゃんの家に行き、井戸水を汲んだものです。懐かしい~

    入館料は無料です。

    開館時間は午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

    休館日は月曜日、祝日の翌日(土・日は除く)(5月3日~5月5日は開館)年末年始(12月29日~1月3日)

    お問い合わせは郷土資料館 ☎047ー465-9680

    ぜひ、足を運んでみて下さい。

     

     

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ