船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • みらい大学「リストラから授かった青春!」に参加しました。

    2017年01月19日

    00180

    音楽教室や地域のイベントへの音響機器の貸し出し等を行っている「グッドタイム・田丸さん」に、お話を聞きました。

    一緒に仕事をしている息子さんも参加。

    人生何が起こるかわかりませんが、チャンスは訪れるもの。

    就職先で色々あった時、上司から「君の仕事は、他の人でもできる」と言われ、辞めたそうです。

    その後、人生の転機となる人に出会い、音楽教室を開き、200名近くの生徒が集まり、順調な滑り出しでしたが、リーマンショックで、辞めていく人が続出。

    PTAの会長を11年務め、その時に知り合った人や、地域の方から、イベントでの音響を頼まれ、音響にも力を入れ始めたそうです。

    ある時、経営について公認会計士から、「音楽教室の講師の人件費と交通費を見直した方がいい」と言われたそうですが、実行しなかったそうです。

    人件費を削るということは、ある意味、重要なことかもしれませんが、働く意欲を削るということもあります。

    iwai_01_”_‹ÆE—”_

    また、音響を担当する時は、依頼者や演奏家に寄り添いながら、やるそうです。

    リピート率100%で、年々仕事が増加。

    自分がやりたかった仕事に出会い、充実した毎日を送っている様子が、聞いていて伝わってきました。

    息子さんは音楽の道を目指しているそうですが、お父さんと一緒に仕事をする中で、自分の意見もしっかり伝え、いい関係が築かれていました。

    最後に「女房が、後押しをしてくれていることが一番かな」の一言。

    何事においても、感謝気持ちを忘れない田丸さんに、多くのことを学ばせてもらいました。

    「ありがとうございました。」

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ