船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 吉澤野球博物館寄贈記念野球史料展・江藤省三氏と谷澤健一氏の座談会に行って来ました。

    2016年05月07日

     IMG00186

    江藤省三氏は、慶応義塾大学の野球部から、巨人・中日ドラゴンズで活躍し、引退後は、コーチを歴任し、慶応義塾大学野球部の監督として活躍された方です。

    船橋市野球協会少年学童部理事長の河崎六郎氏と小学校時代(熊本県)の友人である縁をきっかけに、船橋市では、2009年から、「江藤省三杯」と銘打って、少年学童野球大会が毎年開催されています。

    また、2015年から、船橋市スポーツ総合展示企画等アドバイザーに就任されました。

    谷澤健一氏は、柏中学校から、習志野高校に入学し、その後早稲田大学野球部、中日ドラゴンズにドラフト1位で入団。同じ年に、江藤氏が、水原茂監督と共に、巨人から中日ドラゴンズに移籍。一緒に活躍されました。

    お二人の、お話は、とても分かりやすく、野球といえば、巨人ぐらいしか知らない私でも、中日ドラゴンズが身近に感じられました。

    江藤氏の指導者として「楽しいから練習をする。練習をするから勝つ」このことを念頭に置いているという言葉が、心に残りました。何事も、楽しんで行わなければ、嫌になってしまいます。楽しんで行ううちに、勝ちたいと思い、一生懸命になる。忘れてはならないと思いました。

    谷澤氏は、寝ていても、突然飛び起きて、素振りを始める。前日の試合で、悔しかったことがあると、寝ていても忘れられず、素振りを始めたそうです。

    お二人とも、自宅での訓練は、とにかく素振りだそうです。腹筋や腕立て伏せは当たり前のことで、自宅に戻ると、とにかく素振りをしたそうです。時には、一日一万回。

    IMG00185

    最後に、参加者に向けてのメッセージで、吉澤野球博物館について、江藤氏からは、野球の歴史の原点があるので、大切にしてほしい。谷澤氏からは、日本野球の歴史、深いものをつかみ取ってほしい。

    船橋市にある、吉澤野球博物館の凄さを、教えて頂きました。

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ