船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「第1回学習療法 実践研究シンポジウム in幕張」に行って来ました。

    2015年11月07日

    11月1日(日)幕張メッセ 国際会議場で開催された「学習療法 実践研究シンポジウム」に行って来ました。

    これは、公文が考えた学習を、認知症の方等が、学習するものです。簡単な足し算や引き算などのペーパーを思い浮かべて下さい。

    00182

    脳をトレーニングすることにより、認知症の方が変わっていく姿を、報告されていました。

    第8分科会に参加をしました。我孫子市の社会福祉法人・我孫子市社会福祉協議会が行っている「脳の健康教室」の発表では、参加者の変化として、初めは毎回同じ洋服を着ていた方が、次第におしゃれになり、アクセサリーを身に付けたり、うつ状態で、鉛筆を持つ手が震えていた方が、旅行に行き、お土産を持参したり、高次機能障害の方が、引き算が苦手だったのが、隣の人を見て、引き算に挑戦し、今では普通に取り組んでいる様子が報告されました。

    清瀬市が行っている「健幸でともに支え合うまちづくりに向けて」では、脳トレ楽習に軽体操・サロンを組み合わせた複合型介護予防事業により、受講者とサポーターの交流を深め、認知症予防でけでなく、仲間づくりに繋がっていることが紹介されました。第1期生の方が、事業終了後に、サポーターと受講者が懇親会を開き自分たち自ら、連絡網を作成し、お花見など、自主的に集まり、その様子を写真に収め、市役所に届けるなど、地域での仲間づくりができている紹介さ様子が報告されました。

    00359  00281

    この他にも、たくさんの実践報告がなされ、とても勉強になりました。

    ロビーでは、展示コーナーがあり、教室での様子が、写真で紹介されていました。皆さんいきいきと、楽しそうな笑顔が沢山ありました。

    IMG_0080   IMG_0081

    アメリカのある施設において、学習療法を取りいれ、サポーターのジョンが、自分の名前を呼んでくれようにるまでの様子が映画化されています。

    毎日、顔を合わせ、ジョンですと言っても、次の日には忘れられている、ジョンの苦悩が描かれていました。

    皆さんも、機会があったらご覧下さい。

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ