船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 坪井小学校と古和釜中学校(モデル校)の全教室で「電子黒板」が導入されました。

    2015年10月15日

    00182

    平成21年の時に、議会で、電子黒板の導入を提案しました。国を挙げて、電子黒板の導入で、子ども達の学習環境を整えようと、予算が組まれ、国の補助が10分の9だったことを受け、全学校のワンフロワーに1台づつ電子黒板を導入することが決まり、とても楽しみにしていました。

    しかし、9月に民主党政権に変わり、事業仕分けが行われ、電子黒板の補助が打ち切られてしまいました。当時は、電子黒板を作っている企業が、全国展開をし、今か今かと電子黒板を大量に作成し、学校に設置できる日を待ち望んでいましたが、突然の打ち切りに、どうなってしまうのか心配な毎日を過ごしていたことが思いおこされました。

    全てを市の財政で賄うことは、とても厳しいことと思い、断念をしました。

    しかし、子どもたちが、様々なことに興味を持ち関心を高め、理解を深めていくためには必要な事と思い、機会があるたびに、電子黒板の導入を訴えてきました。

    6年たちましたが、まずはモデル校2校を設定し、全学級と特別教室に可動式の電子黒板が導入され、さらに、タブレット端末が80台ずつ導入、さらにさらに、【国語】【算数(数学)】【理科】【社会】【英語(中学校のみ)】デジタル教科書が導入されました。

     iwai_01_”_‹ÆE—”_

    順次、全校に導入をしていきたいとのことです。

    今回導入された電子黒板は、今ある黒板の上下にレールを取り付け、スライド式で設置をし、2つの黒板を使用することができます。

    なんだか、子どもたちの授業が楽しくなりそうで、ワクワクします。

    これからも、子ども達の教育環境を整えるために頑張って参ります。教育センターの皆さんが、常に研究をしてきてくれたおかげです。ありがとうございます。

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ