船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 教育フェスティバルが開催されました。

    2018年10月21日

    10月20日(土)21日(日)船橋市総合教育センターで、教育フェスティバルが開催されました。

    夏休みの自由研究の作品展です。

    20日(土)は、第28回2船橋市児童生徒社会科作品展表彰式がプラネタリウム館で15時より行われました。

    他の予定もあり、表彰式のみの参加でした。

    21日(日)は、第45回船橋市児童生徒科学論文・工夫作品展表彰式がプラネタリウム館で9時30分。

    第7回算数・数学チャレンジふなばし表彰式が視聴覚センターで14時30分より行われ、参加しました。

    午前中の表彰式の後、作品を見ましたが、どれも素晴らしいものばかりでした。

    中には、ごみの収集が10月1日より、週3回から2回に変わることを受けて、我が家のごみの減量について、雑紙を分けたことで、ごみの量が減ったこと。プラスチックごみが多いことなど、写真などを使って、まとめられていました。

    週2回になることの賛成・反対などを含めたアンケートもとってありました。

    また、他の児童は、近くのスーパーやコンビニに行き、マイバッグの利用状況を調査し、世代別に利用しているか、まとめてありました。

    この夏多くの自然災害が起こり、防災に関するものも、多くありました。

    避難所に関するものでは、自分は持病があるため、いざというとき、避難所には、薬があるのかとか、アレルギーがあるので、食料品は、アレルギー対応のものがあるのか、実際に、お母さんと一緒に、市役所の危機管理課に取材に行った様子などがまとめられていました。

    私には思いもよらないことが、具体的に質問されていました。

    工作品では、忘れ物が多いことを受け、「わすれものチェックシステム」を作った小学2年生。

    ご飯を食べるときに肘をつく癖があるので、それを直すために「ひじつきけいこくマシーン」を作った小学5年生。

    色々な野菜で作った紙もありました。

    子どもたちの発想は、未来のノーベル賞ものです。

    午後からの、算数・数学チャレンジふなばしは、算数・数学好きな子どもを育て、「考える力」を育むことを目標に7年前に始まったものですが、ただ単に問題を解くだけではなく、なぜそのような考えに至ったのか、プレゼンテーション能力も試されます。

    一つの問題を45分かけて解くのですが、とても驚きの問題です。

    表彰式の他に、二宮中学校ダンス部によるパフォーマンスも披露されました。

    とても元気に披露され、感動しました。

    まさに芸術の秋にふさわしい2日間でした。

     

     

     

     

     

     

     

  • 船橋市私立幼稚園教育振興大会に参加しました。

    2018年10月17日

    10月16日(火)船橋市文化ホールで開催された、私立幼稚園教育振興大会に参加をしました。

    子どもたちを幼稚園に送り出し、忙しい中、多くの保護者が参加をしていました。

    ある来賓のごあいさつで「空席以外は満席です」との言葉に思わず、くすっとしてしまいました。

    市長からは、昨年市制80周年を迎えた船橋市では、100周年を目指し、新たな歩みを始めたこと。

    今、幼稚園で学ぶ子どもたちが、大人になったときに、自分たちが住むまちに誇りを持ち、今以上に好きになってもらえるように、大切な未来の宝を育んでいきたいとのあいさつがありました。

    私も、輝く未来の子どもたちのために、今、何をなすべきかしっかりと考え、提案していきたいと、決意を新たにしました。

    子どもたちの笑顔あふれるまちにしたいと思います。

    やんちゃで、時には、手を焼くことがありますが、子どもの笑顔は、何物にも代えがたいものです。

    子どもの貧困対策や虐待など、手を差し伸べなければならない家庭もあります。

    孤立しないようにするにはどうしたらよいのか、私なりに考えているところです。

    ぜひ、皆さんにも考えていただき、ご意見を伺えればと思いますので、遠慮なく、ご意見・ご要望をお送りください。

     

  • LGBT啓発パネル展と講座が開催されます。

    2018年10月15日

    LGBT啓発パネル展・講座


    市では性的少数者(LGBT)への理解促進のための環境整備を進める中で誰もが差別されることなく地域で安心して暮らせる社会を目指し、LGBT啓発パネル展と講座を開催します。

    パネル展では、多様な性に関する基礎知識やLGBTの人たちが日常生活の中で抱える悩みを、学校や会社、病院、トイレなど場面別に以下の日程でパネルで紹介します。

    10月15日~31日 男女共同参画センター。

    11月19日~27日 保健福祉センター。

    12月19日~27日 市役所1階ロビー。

    11月16日(金)18時30分から男女共同参画センターにて講座「アライってなんだろう?~知るところから始めよう!あなたの街とLGBTs~」を開催します。

    講師はNPO法人JASH日本性の健康協会 代表理事のはる氏でLGBTの基礎知識を学んだあと、参加者がグループに分かれ、自分なりの「アライ」について話し合います。

    参加費用は200円(茶菓子代)、申込みは男女共同参画センター(☎423-0757)まで。

  • 10月はピンクリボン(乳がん撲滅)月間です。

    2018年10月14日

    ピンクリボンとは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進することなどを目的に、世界規模で行われている啓発キャンペーンです。

    一生のうちに「2人に1人」が、がんにかかり「3人に1人」が、がんで亡くなると言われています。しかし、日本対がん協会によると、検診による早期発見・早期治療により、約9割以上の方が治るといわれています。

    生涯に乳がんを患う日本人女性は、11人に1人と言われており、厚生労働省の調査によると、乳がんで亡くなった女性は、2017年に1万4000人にも達しています。

    早期発見のために有効なマンモグラフィーが全国配備されたり、子宮頸がん・乳がん検診の無料クーポンが配布され、さらに受診しなかった人に再度呼びかけを行うコール・リコールの導入で、検診受診率が、20%台だったものが、2016年には、40%台まで上昇しました。

    4月20日時点で船橋市に住民登録がある次の生年月日の女性に、船橋市から、無料クーポンが、6月末に送付されていますので、受診されていない方は、受診しましょう。

    子宮頸がん検診→平成9年4月2日から平成10年4月1日まで

    乳がん検診 →昭和52年4月2日から昭和53年4月1日まで

    がん患者が治療などで脱毛した際、医療用ウィッグ(かつら)や医療用帽子を着用することがあります。

    これまで、運転免許証の写真を撮影するときに、医療用ウィッグ(かつら)の着用は認められる一方で、帽子は認められないことがありました。

    あるがん治療中の女性患者から「免許更新の際に帽子をかぶった写真が認められなかった」との声を受け、この度、運転免許証の写真を撮影するとき、医療用帽子の着用が認められることになりました。

    がんを無闇に怖がったり、誤解や偏見をなくすためにも、子どもたちへのがん教育がとても大事です。

    正しい知識のあるドクターや看護師、保健師、がんを経験したことのある方などを外部講師として、がん教育を実施するために、平成28年4月に、文部科学省から「外部講師を用いたがん教育ガイドライン」が出されました。

    船橋市においても、協力をしてくれる医療従事者の登録も始まっています。

    学校現場で、がん教育が進むように、これからもしっかりと取り組んでまいります。

     

     

  • 船橋市生き活き展が開催されます。

    2018年10月09日

    船橋市生き活き展


    今年も生き活き展(いきいきフェア)が「ドキドキ♡ワクワク くらしの宝探し」をテーマにららぽーとTOKYO-BAY中央広場20日(土)、21日(日)の2日間、午前10時から午後7時まで開催されます。

    パネル展示コーナーでは暮らし・食・環境をテーマとした様々な情報が展示され各コーナーを回ってクイズに答えてスタンプを集めると抽選でふなばし産品詰め合わせ等の景品が当たります。

    アトラクションコーナーでは、20日は寸劇「これって詐欺?~ダマシの手口あれこれ~」やダンス&ジャグリングパフォーマンス、「リトル☆オズ」の歌とダンス・マジックのショー等が行われます。

    21日は船橋吹奏楽団のアンサンブル演奏や、横洲かおるの楽しい歌とダンス、ロボットショーとロボット製作体験が行われます。

    またオリジナル缶バッジ作りが両日行われます。

    毎日の生活に役立つ知識や工夫が満載の生き活き展、2日間開催していますので是非ご来場ください。

  • ファンタジーの運び人 角野栄子展が開催されます。

    2018年10月03日

    ファンタジーの運び人 角野栄子展

    西図書館で13日(土)から、日本人で3人目となる「国際アンデルセン賞」を受賞した童話作家のギャラリー展「ファンタジーの運び人 角野栄子展」を来月7日(水)まで開催します。

    同展では代表作の魔女の宅急便シリーズをはじめ、数々の作品に関する原画やパネルが展示されるほか、国際アンデルセン賞受賞式の様子なども紹介します。

    魔女の宅急便シリーズの原画では本に登場する挿絵の他、角野氏が描いたものや、物語の主人公の魔女「キキ」が誕生するヒントとなった、角野氏の長女リオ氏が描いた魔女のイラストも展示されます。

    28日(日)14時からは、中央公民館で「本のページは魔法の扉」と題した角野氏の講演会が開催されます(入場無料)。

    「キキ」やその相棒の黒猫「ジジ」など、物語に登場する個性的なキャラクターの魅力や、物語が読み手に与える力などをお話しいただく予定です。

    申込みは往復はがきで15日(月)まで西図書館へ。

    申込み多数の場合は抽選となります。

    詳しくは船橋市図書館ホームページをご覧ください。

     

  • 宇宙に輝く小惑星「Funabashi」命名記念イベントに参加しました。

    2018年09月30日

    9月29日(土)プラネタリウム館で、命名記念イベントが開催されました。

    7月11日、宇宙に「Funabashi」の名が刻まれました。素晴らしいですね。

    岡山県にある美星スペースガードセンターで、平成12年に発見・観測された小惑星25892番が「Funabashi」と命名され、今後世界中で、正式名称として使用されるそうです。

    何故「Funabashi」なのでしょうか。平成27年に、NPO法人 日本スペースガード協会が、船橋市総合教育センターで、小惑星探査体験活動「スペースガード探偵団」が開催されたことと、船橋市が以前から天文教育に積極的な取り組みをしていたことも評価されたそうです。

    NPO法人 日本スペースガード協会が命名の申請を行ったときに、船橋のまちの特徴が以下のように記されています。

    小惑星(25892)Funabashi命名文(日本語訳)

    2000年11月22日に美星スペースガードセンターでバッターズ・プロジェクトにより発見されました。

    船橋市は東京近郊に位置し、船橋沖は、江戸時代には将軍に海産物を寄進するいい漁場でした。

    現在でも、たくさんの海産物が水揚げされています。

    今日、市ではスポーツが人気で、プロスポーツチームのホームタウンとなっています。

    命名認定書が市長に贈呈されました。

    その後、NPO法人 日本スペースガード協会の浅見副理事長から、記念講演がありました。

    プラネタリウム館で開催していますので、プロジェクターは頭上のプラネタリウムに映し出され、椅子を倒しての不思議な感じの講演でした。

    市立船橋高等学校の吹奏楽部による特別演奏が、暗闇の中、行われました。

    合唱もありました。「夜のうた」「手紙~拝啓 十五の君へ~」合奏は「夜空ノムコウ」「木星」他

    楽器の音色は勿論ですが、歌声は心に響き、涙がこぼれ落ちそうでした。素晴らしい演奏に心が洗われた気がします。

    最後は、プラネタリウム特別投映「2018 小惑星Funabashiへの旅」でした。

    船橋の夜空から見える夏の星座から秋の星座。やがて火星と木星の間を公転する小惑星へ。その中の小さな惑星が「Funabashi」。他の惑星とは少し違った軌道だそうです。

    平成30年8月現在、軌道がわかっているものだけでも78万個を超えていて、現在も次々と発見されています。

    地球から約1億8000万キロメートル、太陽から約2億8000万キロメートル離れたところだそうです。

    肉眼や一般的な望遠鏡では、残念ながら見ることが出来ません。

    しかし、肉眼では見えない「Funabashi」を、分かりやすく学べるのがプラネタリウ館です。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ