船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 「歌で綴ろう 船橋のあゆみコンサート~縄文編~」に行ってきました。

    2019年12月09日

    12月8日(日)船橋市市民文化創造館きらら(通称きららホール)で、開催された「歌で綴ろう 船橋のあゆみ~縄文編~」

    まず初めに、飛ノ台史跡公園博物館の学芸員による、縄文時代の船橋の遺跡について教えていただきました。

    旧石器時代は、約3万年~1万5000年前。

    縄文時代は、1万5000年~2300年前。気候が暖かくなり、定住生活が開始された。

    海面の上昇・低下を繰り返し、貝塚が形成された。

     

    取掛西貝塚(飯山満・米ヶ崎町) 土器の使用。他の地域よりも多い遺跡で、日本最古級の土偶が発見。イノシシの頭葉が並んだ、動物儀礼の跡が発見され、現在のところ、日本一番古い、動物の骨や角を使ったお祭りの跡だそうです。

     

    (写真は、2018年8月、取掛西貝塚の発掘調査の様子)

    さらに、船橋市の北部にある、小室上台遺跡は1万1000年前に作られた、日本一小さな土偶が発見。バイオリンの形から、バイオリン形土偶といわれ、日本代表として、パリに行ってきた貴重な土偶。コアラのマーチ(お菓子)に似た形で、それよりも小さな物です。

    弥生時代の貝塚では、8500年~8000年前の、飛ノ台貝塚(海神)。動物形土製品が発見され、イノシシだとすると、日本最古のものだそうです。この飛ノ台は、日本で一番最初に発見されました。

    この他に、飯山満東遺跡。約6000年前のお墓。

    高根木戸遺跡。高郷小学校の建物下。5000年前で、クジラの下顎骨製、リーダーの印とされる腰飾りが発見。犬が3匹重なるように埋められていたものが発見。この頃は犬がパートナーだった。

    市内には、他にも遺跡が沢山あります。ぜひ、飛ノ台史跡公園博物館(海神4-27-2) 郷土資料館(薬円台4-25-19)に足を運んでみませんか。

    この後、横洲かおるさん、小松優一さんによる、コンサート。ただ単に歌うだけではなく、船橋市の歴史を取り入れ、西図書館の説明員や飛ノ台史跡公園博物館の学芸員の方が、説明をするなど、勉強になり、さらに素敵な歌声と、掛け合いがとても心地良く感じました。

    このお二人の歌声を支えていたのが、ピアニストの高知尾さん。パーカッショニストの田村さん。横洲さんのアドリブにも対応し、素晴らしかったです。

    土偶に動物の皮を張った縄文鼓。大きさによって音色が違うなか、ピアノとマッチしていました。

    「いい日旅立ち」「海の見える街」「時代」など楽しいひと時でした。

     

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ