船橋市議会議員 はしもと 和子

船橋市議会議員 はしもと 和子へのご意見・お問い合わせ個人情報保護方針

  • 取掛西貝塚の調査でドローンが使われました。

    2018年08月29日

    今年度の調査は、一昨年度行った分布調査と昨年度の確認調査の結果を基にトレンチを設定し、調査が行われています。

    8月28日(火)・29日(水)には、ドローンを使用して、調査が行われ、視察しました。

    ドローン自体は、カーボンファイバーを使用し、軽かったのですが、バッテリーが思った以上に重かったです。バッテリー込みで、30㎏位になるそうです。

    上に載っている白い箱のようなものがバッテリーで、このドローンは、レーザーで調査しています。

    こちらは、カメラを搭載したドローンです。バッテリーは一つで良いそうです。

    市販のカメラの殆どを搭載可能だそうです。

    小型ですが、カメラを搭載し、タブレット端末と連携し、何が写されているのか、三脚のモニターに映っています。

     

    ドローンを使っての調査は、写真と測量が一度にでき、何日もかかっていた測量が一日でできます。

    しかも、X・Y・Zと立体的な調査ができるので、復元にも役立つそうです。

     

    今回の調査では、昨年度よりも西側で早期の住居跡が発見され、縄文時代早期の集落範囲が、さらに西側に広がっていることがわかったそうです。

    約一万年前の竪穴式住居で、住まなくなったら、周りの人が、その穴に貝殻を捨てているのだそうです。昨年の場所は、ヤマトシシジミの貝殻で、とても小さかったことを思い出しました。この場所は、それよりも大きな貝殻でした。

    石器です。見事に研ぎ澄まされた石です。

    今回の調査で、一番西側の場所からは、約二千年前の、弥生時代中期の集落も発見されました。

    弥生時代の物は、市内で初めて発見されました。

    まとまって出てきた弥生土器のかけらです。

    船橋市では、取掛西貝塚の国史跡指定を目指して調査を行っています。

     

     

     

     

     

船橋市議会議員 はしもと 和子
  • 船橋市議会議員

    「笑顔で・誠実・迅速に」をモットーに「笑顔の庶民派NO.1」 を目指し、「現場を歩き」「対話に動く」皆様とのひざ詰の対話を 行ってまいります。

  • 略 歴

    ・昭和35年・長野県軽井沢生まれ
    ・県立小諸商業高等学校卒業
    ・八十二銀行入行
    ・昭和57年より船橋市在住
    ・夫・二男一女・義母の6人家族

  • 「すずらん」それは、白い鈴のような可憐な花の一つ一つが、小さくても花弁の向きを変え、表情豊かに咲き誇っています。

    花言葉は『幸福』です。

    自分自身の本然に輝く幸福を光らせ、一人ももれなく、幸福になる。それが、人生の目的です。

    私を支援してくださるお一人お一人が、幸福になるよう、共に歩んでいきたい。との願いを込めて、「すずらん」としています。

  • ご意見・ご感想・ご相談
ページ上部へ